ACM CHI 2015 Symposium on Emerging Japanese HCI Research Collection

韓国のソウルで開催されるACM CHI 2015 Symposium on Emerging Japanese HCI Research Collectionにて「OTON GLASS: A case study of Japanese hardware startups in the context of DIY making」という論文タイトルで在校生の島影圭佑さんらがプレゼンテーションを行います。

ACM CHI 2015 Symposium on Emerging Japanese HCI Research Collectionは、Human-Computer Interactionに関する世界最大の国際会議 ACM CHI 2015において、若手研究者を中心に、日本発、または日本の文化や社会と深い関係のある研究を集め、日本ならではの問題観や解決法を国際的に共有し議論するワークショップです。

会期

2015年04月18日 - 2015年04月23日

会場

COEX(韓国 ソウル)

発表メンバー

島影圭佑、宮元直也、山岸昂介、志水新

主催

The Association for Computing Machinery's (ACM) CHI conference

ACM CHI 2015 | Japanese HCI Symposium

OTON GLASS: A case study of Japanese hardware startups in the context of DIY making

タグ