GA JAPAN 135「特集:ビットモデリング ―デジタル・デザイン・ツールの現在形―」

GA JAPAN 135「特集:ビットモデリング ―デジタル・デザイン・ツールの現在形―」において、豊田啓介さんが執筆した「スケールを越えた関係性を感覚的に扱う可能性」で、豊田さんの所属するnoiz architectsと城一裕講師、Why-ixdが共同制作した「FLIPMATA」について紹介されています。

FLIPMATA from noizarchitects on Vimeo.

関連人物

タグ