第2回 新・視覚芸術研究会「デジタルメディア時代の視覚と世界変容。出来事、記憶、身体の行方」

第2回 新・視覚芸術研究会「デジタルメディア時代の視覚と世界変容。出来事、記憶、身体の行方」に前田真二郎教授が「再生される肌理/変容する現代映像」というタイトルでHDⅡプロジェクトでの取り組みを中心に発表を行い、ディスカッションに登壇します。

日時

2015年08月22日 13:00 - 18:00

会場

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)(兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4)

テーマ

視覚文化のデジタル化はこれまでの「見ることの意味」を侵犯しただけでなく、 脱領土化をもたらした。電子化された映像が世界の隅々に行き渡れば、場所、 身体、時間といった概念は変化せざるを得ないだろう。オリジナルとコピーの 区別はすでに消滅して久しいが、作者と作品という関係が無効されるこうした 文化状況は、身体そのものを集合的なものへと再編する契機となるのだろうか。 さらに高精細度映像の進展はヴァーチャル化した世界を新たな段階へと押し上 げるのかもしれない。出来事、記憶、身体のあり方はどこに向かうのか。変容 の過程における視覚文化を再読する。

登壇者

杉山武毅 ギャラリー・ディレクター(六甲国際写真祭)
土屋誠一 沖縄県立芸術大学
馬場伸彦 甲南女子大学
前田真二郎 情報科学芸術大学院大学
松木綾子 甲南女子大学大学院修士課程
水野勝仁 甲南女子大学
(五十音順)

主催

新・視覚芸術研究会

共済

RAIEC

告知:第2回 新/視覚芸術研究会 「デジタルメディア時代の視覚と世界変容。出来事、記憶、身体の行方」

関連人物