サラマンカホール電子音響音楽祭

岐阜県が誇るクラシック音楽の専用ホール「サラマンカホール」と、先端的技術と芸術創造の融合を掲げる本学が初めて連携し、国内外の電子音響音楽関係アーティストや研究者を一堂に集め、未来の音楽・文化を提案する音楽祭「サラマンカホール電子音響音楽祭」。「歴史・現在・子供たちへ」をキーワードに9月11日(金)~13日(日)の3日間にわたって、サラマンカホールをメイン会場に、8つのコンサートと6つの関連イベントが開催されました。

未来の音楽のあり方をコンサートやシンポジウム、映画上映などを通じて提案するこの音楽祭の会場となったのは、サラマンカホール・岐阜県美術館・岐阜県図書館の三ヶ所でした。クラシック音楽のコンサートホール、美術館、図書館といった歴史や伝統が生きる場所だからこそ、未来の音楽・文化は提案されました。フェスティバルディレクターである本学の三輪眞弘教授は開催に際して次の言葉を寄せています。

フェスティバル・ディレクター 三輪眞弘教授(中央)

長良川のほとりに位置する美しい響きを誇るサラマンカホールで過ごす週末の3日間、海外からのゲストも交えた様々なイベントを通して、私たちはネット上のサイバースペースではなく、音楽が生まれる「いま・ここ」の価値と意味を問い直します。たとえば、高度な技術によって作られた歴史的にももっとも古い楽器であるパイプオルガンが、最新のテクノロジーを用いた電子音響と共に私たちに何を語りかけるのか、ゆっくりと耳をそばだててみてください。

福島諭:「春、十五葉」/ フォルマント兄弟:「Stabat Mater」

電子技術が導入されて以降、場所やモノなどに依存しなくとも音楽はいろんな形で享受されるようになりました。今や音楽はストリーミング方式によって、インターネットを通して聴くことが主流になりつつあります。しかし、それは本来の意味で音楽と言えるのでしょうか。こうした問いは、電力に支えられた社会を生きながらも伝統的な音楽や芸術のことも知っているからこそ抱くことができます。未来の音楽・文化の提案とは、すなわち、こうした問いへ回答することではないでしょうか。だからこそ、この音楽祭は次に述べるようなプログラムが組まれたのだと私は理解します。

大久保雅基:「はーもないぞう Harmonizou」

在校生の大久保雅基さんも出演したコンサート「響きあうバロックと現代」では、アクースモニウムという手法で複数のスピーカーから発音される電子音響とパイプオルガンの音響が様々な形で調和する作品が複数上演されました。演目と演目の間の解説では、作曲者たちがパイプオルガンの使い方を事前に調査する機会を設けていたという事が告げられ、作曲者の多くがパイプオルガンを使い慣れていないということがわかりました。たしかに多くの作品はパイプオルガンを使っただけの実験的な試みに留まっているようでしたが、パイプオルガンと電子音の二つの異なる音響は互いの音響を引き立たせ綺麗なコントラストを描いていました。

松井茂:音声詩「時の声」 朗読:さかいれいしう

岐阜県美術館で行われた「IAMAS SOUND ARCHIVE」では、卒業生のさかいれいしうさんによる松井茂准教授の音声詩の朗読が上演されました。朗読のパフォーマンスである本作品が電子音響音楽祭の演目にあることに疑問を抱くのは自然なことでしょう。しかし、音声詩は録音や再生という技術を制作の手法の基調とし、電子的に変換された音響を詩として構成した作品です。したがって彫刻の並ぶ岐阜県美術館のホールの中で朗読されたそのパフォーマンスは、古典的な風景の中にもわずかに電気の気配を垣間見せていました。

安野太郎:「ゾンビ音楽」

また同プログラムでは卒業生の安野太郎さんによるゾンビ音楽が上演されました。ゾンビ音楽はリコーダーを最終的な発音に用いていますが、エアーコンプレッサーで発生させた空気をリコーダーの発音機構に送り、コンピューター制御の「指」により自動演奏する点において、電気を前提とした音楽作品です。冒頭、ブレーカーが落ちるトラブルに見舞われましたが、それがかえって「電気」によって支えられた音楽、あるいは社会を意識化させることになりました。つまり両作品は、直接的ではないにせよ様々な仕方で「電気」を問題化した作品と言えるものでした。

生成音楽ワークショップ:「鳴釜神事」

一方、 城一裕講師と金子智太郎氏が主宰するプロジェクト「生成音楽ワークショップ」では、電気がどこにも介在しない伝統行事、「鳴釜神事」の再現が行われました。音の発生を「神」に見いだすこの儀式は、電気によって成り立つ私たちの文明を相対的にとらえることを促しているようでした。つまりこのワークショップは、音楽における電気のあり方を現代文明以前の伝統的な「神事」によって問い直す試みだったのかもしれません。

レポート:上田真平

サラマンカホール電子音響音楽祭