現代詩100周年

言葉と詩の未来を追求するユニット、TOLTAの企画・制作によるアンソロジー詩集『現代詩100周年』が出版されました。松井茂准教授の「純粋詩第1000番」と「量子詩第985番」の2篇が所収されています。

本書は『現代史一〇〇周年』と題した、現在日本で活動している詩人による日本語の詩を収録した、アンソロジー詩集です。本書を企画したTOLTAは、ヴァーバル・アート・ユニットを称し、言葉を焦点にして様々な表現に関わる活動をしています。私たちTOLTAは、今年二〇一五年を、現在書かれているような日本の無定形・口語の自由詩の成立から一〇〇年であると宣言します。

現代詩100周年 はじめにより

『現代詩100周年』

出版情報

アンソロジー詩集『現代詩100周年』
A5版 242頁
2015年10月25日発行
企画・制作 TOLTA

関連人物

タグ