Field Hack TONO

本学は、Google が主催する、地域活性化プロジェクトを応援するプラットフォーム「イノベーション東北」と協力し、「Field Hack TONO」を岩手県遠野市で開催します。Field Hackは全国から集まったエンジニアやデザイナー、プロジェクトマネージャーなどがチームとなり、地域のテーマにテクノロジーで挑む取り組みで、本年4月から5月にかけて宮城県女川町で開催した「Field Hack ONAGAWA」に続いての開催となります。

今回のフィールドとなる遠野市は、岩手県東南部の内陸に位置し、城下町として栄えました。山に囲まれた盆地であり、豪雪地帯である遠野は『遠野物語』などを通じても広く知られています。また、今回の協力団体である「Next Commons Lab」の開催地にもなっています。Next Commons Labは、さまざまな領域で活動するクリエイターや起業家、最先端の技術と知見をもった企業と、地域の資源や人材とをつなぎ合わせ、誰もが「つくる人」として参画するための受け皿として設立され、地域外から集まるメンバーが起業することを目的に集結しています。

今回のテーマは、ビールの里(Brewing)、里山(Life)、発酵(Fermentation)、限界集落(Community)、商店街(Tourism)の5つです。この5つのテーマのもと、多様なスキルや視点、経験を持つ人々が遠野市の内外から集まり、地域のテーマと、フィールドワークを設定する地域側の協力者「遠野にいさん」と共にフィールドワークを行います。そして、そこで見つけた課題や可能性、インターネット時代の様々なテクノロジーを基にアイデアを出し合い、お互いにスキルを出し合ってプロトタイプをつくり、実際に現地で試してみることを目指します。

本学からは産業文化研究センターの小林茂教授が参加し、アイデアソンのファシリテータをつとめるほか、Google Developer Relationsチームと共に技術サポートを担当します。

フィールドとテクノロジー、チームワークの掛け算で新しい地域プロジェクトの創出に挑戦するこの試みに興味を持っていただけた方は是非ご参加ください。

エントリー受付締切

2016年09月26日

キックオフミーティング

2016年11月04日 19:00 - 21:00

フィールドワーク & アイディア・ハードウェアスケッチ

2016年11月05日 - 2016年11月06日

プロトタイプ発表会

2016年11月19日 - 2016年11月20日

開催地

岩手県遠野市

参加費

15,000 円
※ 含まれるもの:夕食・懇親会費用( 11 / 5・11 / 19 )、フィールドワーク時の移動費( 11 / 5 )、宿泊代( 11 / 5 )、イベント保険代、アレンジ手数料
※ 含まれないもの:遠野までの交通費
※ 本プログラムの参加費は、株式会社 Next Commons が取り扱います。

参加チーム数

最大10チーム

対象者

  • 地域に関心がある方
  • 地域で起業を目指している方
  • 企画・開発・デザインに興味がある方
  • ガジェット、ものづくりに興味がある方

主催

イノベーション東北、情報科学芸術大学院大学[IAMAS]

協力

Next Commons Lab、Engadget日本版

関連人物