MESHワークショップ ~プログラミング教育が求めている本質(考える力、つくる力、伝える力)を体験する~

第6回産廃サミットの一部として9月11日に開催される「MESHワークショップ~プログラミング教育が求めている本質(考える力、つくる力、伝える力)を体験する~」に、本学産業文化研究センターの小林茂教授が講師の一人として参加します。

簡単に電子工作ができるツール「MESH」と、現代社会の仕組みや産業の構造の象徴としての「廃棄物という素材(マテリアル)」を活用し、ソニー株式会社 MESHプロジェクトの萩原丈博さん、井上幸人さん、株式会社ナカダイの中台澄之さんと共に取り組みます。

第1回

2016年09月11日 10:30 - 12:00

第2回

2016年09月11日 14:00 - 15:30

会場

プラス株式会社ショールーム + PLUS(東京都千代田区永田町2-13-5 赤坂エイトワンビル 1階)

講師

萩原 丈博・井上 幸人(ソニー株式会社)、小林 茂(情報科学芸術大学院大学[IAMAS])、 中台 澄之(株式会社ナカダイ)

対象

プログラミング教育に関心のある教員や生徒、親、児童など(中学生以下は保護者同伴)

定員

1組3人まで、最大10組(先着順。お1人様からでもお申込み可能。)

料金

1,620円(税込)

詳細・お申し込み

関連人物