2016年度 日本映像学会中部支部 第1回研究会

10月8日、日本映像学会中部支部 第1回研究会を本学で開催します。学会員でない方も予約不要・入場無料で参加できますので、興味のある方は足をお運びください。

現在、赤羽亨准教授が代表を務めて進めている『3Dスキャニング技術を用いたインタラクティブアートの時空間アーカイブ』の研究発表もあります。

日時

2016年10月08日 14:30 - 18:00

会場

情報科学芸術大学院大学[IAMAS] ホールA(岐阜県大垣市 加賀野4丁目1−7 ソフトピアジャパンセンタービル4F)
会場へのアクセス駐車場やバスなどの補足情報

スケジュール

  • 14:30–14:35 開催校挨拶
  • 14:35–15:00 研究発表:赤羽亨会員、池田泰教氏、小川圭祐氏、田中翔吾氏
  • 15:05–15:30 研究発表:洞ヶ瀬真人会員
  • 15:30–15:45 休憩
  • 15:45–17:15 ご講演:水野勝仁会員
  • 17:15以降 支部総会

ご講演

『GUIの歪み』
水野勝仁会員(甲南女子大学講師 / ネットアート, メディアアート, インターフェイス研究者)

研究発表(2件)

『3Dスキャニング技術を用いたインタラクティブアートの時空間アーカイブ』
赤羽亨会員(情報科学芸術大学院大学 准教授)、池田泰教氏(名古屋造形大学 非常勤講師)、小川圭祐氏(東京工芸大学 助教)、田中翔吾氏(情報科学芸術大学院大学 M2)

『増幅されたシネマティズム――『桃太郎 海の神兵』の知覚的プロパガンダ戦略をめぐって』
 洞ヶ瀬真人会員(名古屋大学大学院国際言語文化研究科学術研究員、中部大学他非常勤講師)

関連

研究会にあわせて、本学ギャラリー(ソフトピアジャパンセンタービル 3F) で、展覧会「映像のあたり」を開催しています。

「映像のあたり」
10月8日(土)、9日(日)
予約不要・入場無料
http://www.iamas.ac.jp/18391

関連人物