伊東信宏 企画・構成 レクチャーコンサート  声のような音/音のような声 三輪眞弘作品集

12月25日(日)にあいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホールにて「伊東信宏 企画・構成 レクチャーコンサート  声のような音/音のような声 三輪眞弘作品集」が開催されます。


三輪眞弘さんは、日本を知らない誰かに、その作品について熱心に話したくなる数少ない作曲家の一人です。奇妙なルールで進行してゆく儀礼のような音楽。日本より東に島国があったら、こんな民俗音楽があったに違いない、という人を喰った設定で書かれた架空の民俗音楽。でも、そこではいつも「ひねり」と真剣さが同居していて、ああ三輪作品だなあ、と思わせられます。
また三輪さんのもうひとつの活動の軸は、佐近田展康氏と展開している「フォルマント兄弟」というユニットです。彼らの活動は、MIDIキーボードを使って、合成音をその場でコントロールして、歌声として発音させる、というものです。ここには、ヴォーカロイドが席巻している現代の音楽の世界にあって、音楽家に何ができるか、何を考えるべきか、が示されています。
私(伊東)は、かつて三輪さんが書いた驚くべきオペラ「新しい時代」(2000年初演)をぜひ再演したい、と夢見ています。今回の公演ではそんな夢も視野に入れて、三輪さんの世界を紹介したいと思います。
伊東信宏(大阪大学教授、あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール音楽アドヴァイザー)

ウェブサイトより

日時

2016年12月25日 16:00 (15:30開場)

会場

あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

入場料

一般:¥3,000 / 学生:¥1,000
(限定数・電話予約可・当ホールのみのお取扱い)

座席

指定席

出演

三輪眞弘(講師:情報科学芸術大学院大学[IAMAS]教授)
丸谷晶子(ソプラノ)
岡野勇仁(MIDIアコーディオン)
山名敏之(チェンバロ)
Orphe Choirs(合唱)
フォルマント兄弟(三輪眞弘+佐近田展康) 他

主催

あいおいニッセイ同和損害保険(株)
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール

協賛

鹿島建設(株)

関連人物