平成28年度 文化庁メディア芸術連携促進事業 ワークショップ 「メディアアート文化史構築のためのデータベースとインターフェイス研究会」

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]にて開催される 平成28年度 文化庁メディア芸術連携促進事業 ワークショップ「メディアアート文化史構築のためのデータベースとインターフェイス研究会」 に、松井茂准教授、卒業生の田中良治さん(セミトランスペアレント・デザイン)が登壇します。

現在開発中の「日本のメディアアート文化史構築のためのデータベースとインターフェイス」の内容を公開し,プロジェクトメンバーが,公開デモとプレゼンテーションを行ないます.メディアアートに文化的拡張性を含めて捉え直しながら,新たな視点の提案とディスカッションを行ないます.今後の同データベースとインターフェイスの利活用や発展可能性について,近現代美術史,歴史情報の可視化,情報工学などの観点から議論を広げていきます.
平成28年度 文化庁メディア芸術連携促進事業 ワークショップ 「メディアアート文化史構築のためのデータベースとインターフェイス研究会」

日時

2017年01月22日 13:00 - 17:30

会場

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 4階 特設会場

登壇者

キーノートスピーカー
関口敦仁(愛知県立芸術大学)
田中良治(セミトランスペアレント・デザイン)
細谷誠(日本大学)
ファシリテーター
秋庭史典(名古屋大学大学院)
永原康史(多摩美術大学)
原島大輔(東京大学大学院)
松井茂(情報科学芸術大学院大学)
水野勝仁(甲南女子大学)

定員

20名(事前申込制) *見学自由

参加費

無料

対象

・日本のメディアアート史,近現代美術史に関心のある研究者,学生
・歴史情報の可視化に関心のあるデザイナーや研究者,学生
・映像メディア表現関係者,学芸員,アーティスト,エデュケーター
・情報学、情報工学関係者 など

主催

文化庁

運営

愛知県立芸術大学

協力

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

関連人物