ラブラブショー2

4月28日より青森県美術館で開催される企画展「ラブラブショー2」に、卒業生で産業文化研究センターの八嶋有司研究員が新作を出展します。

ラブラブショーは「出逢い」をコンセプトとした美術展です。美術をはじめ、多彩なジャンルで活躍しているアーティスト、クリエイターが出逢い、さらに隣接する三内丸山遺跡の発掘現場に着想を得て設計された青森県立美術館のユニークな空間と出逢って、ここでしか成立しない作品が生み出されます。特定のテーマは設けず、表現の多様性を尊重し、作品の自由な解釈を楽しむことのできる、現代/文化の「アンソロジー」として展示は構成されます。そして空間と一体になった様々な作品とみなさんが出逢う。そうした出逢いが「美術館」や「展覧会」、「作品」に対する共感=愛へとつながる。そんな願いを込めて作った展覧会です。さあ、お気に入りの作品を見つけに、展覧会へ足を運んでみませんか?
ラブラブショー2 開催概要より

会期

2017年04月28日 - 2017年07月02日

場所

青森県立美術館

休館日

5月8日(月)、5月22日(月)、6月12日(月)、6月26日(月)

開催時間

4月28日 – 5月31日 9:30 – 17:00(入館は16:30まで)
6月1日 – 7月2日 9:00 – 18:00(入館は17:30まで)

料金

一般1,300(1,100)円、高大生800円(600円)、小中学生無料

タグ