継ぐこと・伝えること /Meeting:デジタルアーカイブ時代の伝統

伝統芸能の「現在」に着目し、芸能を継承する意義について観客、出演者がともに考える「継ぐこと・伝えること /Meeting:デジタルアーカイブ時代の伝統」で、小林昌廣教授が司会・進行を務めます。

「継ぐこと・伝えること」では、これまで、実演や解説を通して伝統芸能を紹介しながら、伝統芸能の「現在」に着目し、芸能を継承する意義について観客、出演者がともに考える機会を創出しています。

2016年度は現代の視点で伝統芸能をアップデートし、積み重ねられた伝統に真摯に向かい合いながら、芸能としての可能性を探る担い手に焦点をあて、第57回「浪曲×ブルース」(出演:京山幸枝若、木村充揮)、第58回「落語~伝統芸能の現在形」(出演:立川吉笑/進行:木ノ下裕一)と開催しました。3月にはそのしめくくりとして、「継ぐこと・伝えること/Meeting」をお届けします。

「身体」そのものがデジタルアーカイブ化され、発声、動作のメカニズムが客観的なデータとして提示され得る現代において「継ぐこと」、「伝えること」とはどういう意味を持つのでしょうか。今回はモーションキャプチャシステムを用いた人間の身体動作の記録・分析に取り組む立命館大学特任教授八村広三郎、柔軟な感性で狂言の枠に収まらない活動を展開すると共に、国内外で伝統の継承、普及に努める狂言師茂山あきらを招き、この問いかけに迫ります。 「継ぐこと・伝えること /Meeting:デジタルアーカイブ時代の伝統」サイトより

日時

2017年03月30日 - 19:00 (18:30開場)

場所

京都芸術センター フリースペース

出演

八村広三郎(立命館大学情報理工学部特任教授)
茂山あきら(大蔵流狂言師)

料金

前売:1,000円/当日:1,500円 高校生以下:500円(前売、当日共)

主催

京都芸術センター

関連人物

タグ