オープン・スペース 2017 未来の再創造

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]にて、5月27日より開催される「オープン・スペース 2017 未来の再創造」に、卒業生の緒方壽人さん(Takram)、三原聡一郎さん、堂園翔矢さんの作品が展示されます。
また新進アーティスト紹介コーナー「エマージェンシーズ!」では、本学産業文化研究センターの具志堅裕介研究員の展示が開催されます。詳しくはこちらをごらんください。

2_22281197632_20ba92ffe6_o 三原聡一郎《  鈴》2013年

02_Otomegane 緒方壽人(Takram)《Oto-megane》2013年

「オープン・スペース」展は,メディア・アート作品をはじめ,現代のメディア環境における多様な表現をとりあげ,幅広い観客層に向けて紹介する展覧会です.メディア・アートにおける代表的な作品,先端技術を取り入れた作品,批評的な観点を持つ作品,さらに研究機関で進行中のプロジェクトなどを,作品の理解を助ける解説とともに展示し,作品を楽しむだけでなく,その背景にある現代の多様化したメディアやコミュニケーションの在り方,現代社会における問題,未来への展望や,さらに新しい感性や美意識について考えるきっかけとなることをめざしています.

12回目となる今年度は,「オープン・スペース 2017 未来の再創造」と題し,開館20周年を迎え,これまでの20年をふりかえりつつ,ICCがこの先の20年にどのような未来を提示することができるのかをあらためて考え,新たな未来のヴィジョンを再創造することをテーマとします.

会期中には,アーティストや有識者を招いたトーク,レクチャー,シンポジウム,ワークショップ,学芸スタッフによる作品解説ツアーを開催するなど,さまざまなプログラムを用意しています.
オープン・スペース 2017 未来の再創造 開催概要より

会期

2017年05月27日 - 2018年03月11日 11:00 - 18:00

会場

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

タグ