PLAY! WATER(S) -プレイ!ウォーターズ

7月15日(土)大垣市スイトピアセンター アートギャラリーにて、「水」をテーマにした体験型アート×サイエンスの展覧会、「PLAY! WATER(S) -プレイ!ウォーターズ」が開催します。
この展覧会に、IAMAS在校生・卒業生からなるプロジェクトチーム、IAMASメディアサイト研究会 2017や、卒業生の田中良治さん・柏木恵美子さんが所属するSemitransparent Design(セミトランスペアレント・デザイン)、卒業生の田部井勝さんが所属するアトリエオモヤが作品を展示します。

7月15日(土)には、AKI INOMATAさんとIAMASメディアサイト研究会 2017によるアーティストトークが開催されます。また、8月11日(金・祝)のワークショップ「水辺の生き物を作って泳がしてみよう!」では、有限会社 トリガーデバイスが、制作協力を担当しています。

この展覧会の広報印刷物・会場グラフィックデザインを卒業生の井口仁長さんがデザインしています。


ピチャピチャ、さらさら、ザーザー、しとしと、ザブーン。
「水」は、定まった色や形を持たないからこそ、その有り様を様々なオノマトペや、形容詞を使って表現されます。
それは、アートと同じく、とても自由な存在。
そして、水は、私たち人間はもとより、すべての生き物たちを育む身近な存在でもあります。
身近で、誰もが知っていて、無くてはならないけれど、どこかつかみ所が無い。
そんな「水」たちと、「あなたの物語」を紡ぐ体験型アート×サイエンスの展覧会。
あなたが出会った水(作品)は、どんな物語(体験)を、紡ぐでしょうか?

・・・さぁ、あなたもご一緒に、水にまつわるひとときの冒険へ出かけませんか。
PLAY! WATER(S) -プレイ!ウォーターズ WEBサイトより

会期

2017年07月15日 - 2017年09月18日 09:00 - 17:00

会場

大垣市スイトピアセンター アートギャラリー(学習館1階)

出展作家

赤川智洋
AKI INOMATA
アトリエオモヤ
IAMASメデイアサイト研究会2017
Semitransparent Design
plaplax

観覧料

一般:500円、高校生以下:200円、未就学児無料
※小学生以下は保護者同伴

主催

(公財)大垣市文化事業団 (大垣市指定管理事業)

助成

公益財団法人 朝日新聞文化財団

PLAY! WATER(S) -プレイ!ウォーターズ