懐かしさの未来

クワクボリョウタ准教授が大阪大学豊中キャンパスで開催のトークイベント「懐かしさの未来」に登壇します。

沈みゆく夕日を観たとき、あのころ流行った歌を聴いたとき、畳の薫りを嗅いだとき……。ふとした瞬間、「懐かしさ」を感じることがあります。「懐かしさ」は私たちの支えとなる一方で、容易に誘導・操作されることもあります。なぜ私たちは「懐かしい」と感じるのでしょうか。 本企画では、日用品と電子機器を組み合わせることにより、どこか新しくもノスタルジックな風景を作り出すアーティストのクワクボリョウタ氏と、演歌の周辺に作り上げられた”古き良き日本”イメージの正体を解き明かした音楽学研究者の輪島裕介氏をお招きし、「懐かしさ」の正体と新しい向き合い方を考えます。 知デリ in 大阪大学豊中キャンパス「懐かしさの未来」より

日時

2013年07月11日 18:00 - 20:00 (17:30より開場・受付)

場所

大阪大学豊中キャンパスカルチエ(Quartier)

入場無料

50名程度(当日先着順)

ゲスト

輪島裕介(大阪大学大学院文学研究科准教授・音楽学)
クワクボリョウタ(アーティスト/情報科学芸術大学院大学[IAMAS]准教授)

タグ