メディア芸術表現基礎ワークショップ ex-Workshop05 「形態と機能Ⅰ ラピッド・プロトタイピング」

メディア芸術分野を学んでいる学部生を対象に「プログラミングと表現」、「形態と機能の関係」に焦点をあてた、メディア芸術表現基礎ワークショップの第五回目となる ex-Workshop05 「形態と機能Ⅰ ラピッド・プロトタイピング」が開催されます。

今回は会場をIAMASイノベーション工房[f.Labo](岐阜県大垣市)に移し、卒業生の蛭田直さんと金箱淳一さんが講師を担当します。

日時

2013年10月12日 10:00

会場

IAMASイノベーション工房[f.Labo](岐阜県大垣市今宿6丁目52番地16ドリームコア1階)

人数

12名

対象

学部生

概要

このワークショップは「防災ライト」をテーマとして、形態と機能が両立するデザインを目標に、アイデアの発想から制作までをラピッド・プロトタイピングの手法によって行います。

防災ライトは、金箱が開発を行った太陽発電による充電・発光モジュール「the blink module」を使用することで、非常時に無給電であっても明かりが得られる仕組みです。この充電・発光モジュールに傾きスイッチを組み合わせて、地震による揺れや外部の力で防災ライトが一定以上に傾いた時にスイッチが入ることを想定します。 防災ライトは、平常時に日常生活に溶け込みながらも存在を認識できる形態を、非常時にはしっかりと機能することをデザインすることが求められ

ます。 つまり、置く場所や、充電時のスタイル、点灯を補助する形状(傾きによる点灯)、非常時の使いやすさについて考慮する必要があります。

上の条件にあった防災ライトを、アイデアスケッチから、平面図への展開、ワーキングモデルの制作という過程を、ラピッド・プロトタイピングによって実現を試みます。

簡単な電子回路を扱いますが、初心者でも問題ありません。カッター、紙やすりを使用したことがあればどなたでも参加が可能です。

関連人物