YCAM InterLab Camp vol.2 「TECHTILE」集中ワークショップ

城一裕講師が、山口情報芸術センターで開催される〈YCAM InterLab Camp vol.2 「TECHTILE」集中ワークショップ〉に参加します。

期間中は、IAMASの研究成果として、以下の4作品が展示されます。

●「lub-dub」
廣瀬周士 / 制作協力:中上淳二、二宮諒+SID(サーフェイスインターフェイスデザインプロジェクト)
(IAMAS 1年生+IAMASプロジェクト)

・二人が相手の心拍を振動により感じ、相互の関わりが身体のリズムに与える影響を構造的に示す試み

●「iPadと触覚提示装置による表現探求」
安藤 充人(IAMAS 2年生)

・視覚と触覚の組み合わせで可能になる表現を探求した、iPadで体験することができる自作版TECHTILE toolkit

●「DIY TECHTILE Clear ver.」
二宮諒(IAMAS 1年生)

・自作版TECHTILE toolkitの触感アクチュエータ。レーザーカッターを用いてアクリルで制作。

●「”acrylic, paper, and wood” cutting records for techtile」
城一裕(IAMAS 講師)

・アクリル、木、紙、それぞれの素材の触感を記録したレコード。回転数、素材の違いを聴覚と触覚で体感できる。

日付/時間

2013年03月09日 - 2013年03月10日 10:00 - 20:00 (日曜日は 17:00まで)

場所

山口情報芸術センター/スタジオA(山口県山口市中園町7−7)

関連人物

タグ