美濃のいえ 車座トーク 第二回 笑う策伝

美濃のいえ 車座トークの第二回となる「笑う策伝」が小林昌廣教授の講師により開催されます。

古典落語の開拓者と言われる安楽庵策伝(1554-1642)が岐阜の人であることはあまり知られていません。 策伝は優れた僧侶であり、また茶人でもありました。そして何よりも落し咄の名人であり、現代の落語の基礎をつくりあげた人物でした。策伝はどのような笑いを創造したのか、またその笑いの世界はどのように現代の落語へとつながっているのか、上方と江戸、古典と新作などのちがいに触れつつ解説します。 プレスリリースより

日時

2013年11月02日 18:30 - 20:00

会場

IAMAS 美濃のいえ(岐阜県美濃市泉町1881番地)
旧今井家住宅斜め前

参加

無料・申し込み不要(特性お菓子付き)

定員

20名程度

主催

情報科学芸術大学院大学 美濃のいえプロジェクト
美濃デザインチーム

お問い合わせ

IAMAS 産業文化研究センター(担当:金山)
TEL: 0584-75-6606

関連人物

関連プロジェクト

タグ