メディア芸術表現基礎ワークショップ ex-Workshop06「形態と機能Ⅱ コンピュテーショナル・リアライゼーション」

メディア芸術表現基礎ワークショップの第6回目となる ex-Workshop06 「形態と機能Ⅱ コンピュテーショナル・リアライゼーション」の参加者の募集を開始しました。

astro_make astro_pc

日時

2013年11月23日 10:00

会場

IAMASイノベーション工房[f.Labo](岐阜県大垣市今宿6丁目52番地16ドリームコア1階)

概要

このワークショップは「プログラムのリアライぜ—ション」をテーマとして、想い描くカタチを自由に表現できるよう、3Dデータプログラミングの習得をめざします。 また、そのプログラムを表現するためのツールとして、3Dプリンタを学びます。 さまざまな3Dプリンタに関する情報が飛び交う今日、その機能を正しく理解し、これからの可能性を受講者と共に捉えたいと思います。 また、アイディアをカタチにするためのひとつの方法として、three.jsというプログラミングを活用した、モデリングソフトの試作を実施します。 レクチャー終盤では、自身が試作したモデリングソフトでデータを作成し、3Dプリントで出力します。

講師

梅澤陽明(FabLab渋谷)・ 平田孝広(FabLab渋谷テクニカルサポータ)

人数

12名

対象

学部生

関連人物