Organised Sound, Volume 18, Special Issue 03

城一裕講師らの執筆した論文「Workshopping Participation in Music」が、ケンブリッジ大学出版局の発行する学術論文誌 Organised Soundに掲載されました。

この論文では集合的な音楽の実践におけるワークショップを、著者らの異なる4種類の活動、Mobile Music Workshop、Chiptune Marching Band、生成音楽ワークショップ、Social Inclusion through the Digital Economyを事例として、参加する音楽という観点から考察しています。

Organised Soundは音楽におけるテクノロジーの利用とそこから浮かび上がる方法論・諸問題に関する学術論文誌です。いわゆる音楽だけでなく、サウンドアートや音響彫刻、実験的なエレクトロアコースティックなども対象としています。

Kazuhiro Jo, Adam Parkinson and Atau Tanaka (2013). Workshopping Participation in Music. Organised Sound, 18, pp. 282-291 [PDF]

Copyright © Cambridge University Press 2013

関連人物

タグ