第五回ニコニコ学会βシンポジウム

2013年12月21日(土)に開催される「第五回ニコニコ学会βシンポジウム」に、二年生の古山善将さんが5th sessionの座長として出演します。会場の様子は「ニコニコ生放送」にて生放送されます。

生命と非生命の境界、主体と客体の関係、動物でも植物でもない生命体。 私たちの世界にはさまざまな境界があります。その境界線は思ったほど強固なものではなく、うつろいやすく、見極めるのが難しいものです。今回の第5回ニコニコ学会βでは、そのような「生命の境界」を探る研究に焦点をあてます。池上高志氏は、人工生命の研究から発展したMassive Data Flowという概念で「過剰性が創りだす構造と力」について探ります。白水貴氏、とよ田キノ子氏を座長とする「きのこ会議」では、動植物の死を新たな生命誕生につなげる菌類、特にきのこに焦点をあて、多様性と人類とのかかわりについて探ります。稲見昌彦氏を座長とする「第5回研究100連発」では錯覚や錯視をテーマとし、人間が外界を認識する能力がいかに環境に依存しているかを明らかにします。もちろん今回も、ネットで活躍する野生の研究者に発表していただく「研究してみたマッドネス」を実施します。 ニコニコ学会βは、2011年12月の発足から3年目を迎えます。ますます白熱する知のバトルに、どうぞご期待ください。
第五回ニコニコ学会βシンポジウム公式サイトより

日時

2013年12月21日 15:00 - 22:00

会場

ニコファーレ(東京都港区六本木7-14-23セントラム六本木ビル地下1階)

プログラム

Opening 開会の挨拶 江渡浩一郎
1st session 「過剰性が創りだす構造と力」登壇者:金杉肇、渋谷慶一郎、堀江貴文、江渡浩一郎 座長:池上高志
2nd session 「いきものマテリアル」登壇者:久保田晃弘、中垣俊之、脇田玲、古川英光 座長:宮下芳明/福地健太郎
3rd session 「第5回 研究100連発」登壇者: 伊福部達、河合隆史、藤井直敬、和田有史、前田太郎 座長:稲見昌彦
4th session 「菌放送局特番『きのこ会議』」登壇者:保坂健太郎/飯沢耕太郎/伊沢正名 座長:とよ田キノ子/白水貴
5th session 「研究してみたマッドネス」座長:橋本直/古山善将
Closing 閉会の挨拶 江渡浩一郎

第五回ニコニコ学会βシンポジウム

ニコニコ生放送 第五回ニコニコ学会βシンポジウム

タグ