再/生―映像が呼び覚ます第六感覚

卒業生の南隆雄さんが、茨城県の水戸芸術館現代美術ギャラリーで行われるダレン・アーモンド「追考」展関連企画、シングルチャンネルプログラム展示「再/生―映像が呼び覚ます第六感覚」に出展します。

映像に記録されているのは常に過去の場面や出来事ですが、その記録の再生は、ときに実生活では体験不可能な時空間へと私たちを連れてゆきます。
本プログラム展示では、こうした写真や映像の特性を念頭におきながら、ドローイングや写真、ファウンドフッテージといった素材をもちい、実験的な制作活動をおこなっている5人の日本人作家の作品を紹介します。2014年1月18日には、本プログラム参加作家によるトークセッションを開催し、映像における時間と空間表現の可能性を探ります。
水戸芸術館ウェブサイトより
 

会期

2013年12月14日 - 2014年02月02日 13:00 - 18:00 (最終入場時間は17:30。※ただしトークセッションが開催される2014年1月18日の上映時間は10:00~12:00までの上映。)

会場

水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室(茨城県水戸市五軒町1-6-8)

水戸芸術館 再/生―映像が呼び覚ます第六感覚

タグ