東京映像芸術実験室 presents 山城大督展『VIDERE DECK/イデア・デッキ』

12月19日から23日までアサヒ・アートスクエアで、卒業生の山城大督さんが個展『VIDERE DECK /イデア・デッキ』を開催します。

2013年の1年間、アサヒ・アートスクエアのアーティスト支援事業「Grow up!! Artist Project」で、「東京映像芸術実験室」を展開してきた美術家・映像ディレクターの山城大督さんが、3年ぶりの個展で独自の映像表現を試みます。

「 ある時間と時間、ある場所と場所を結びつける映像の力に魅了されている」と語る山城は、映像の時間概念、世界認識の在り方に関心を抱き、それらを多様なアートフォームに展開する作品を様々に発表してきました。ある住宅街を舞台に50人の少年少女が同時間帯に自宅のピアノを演奏するツアー型コンサート《Time flows to everyone at the same time.》(2010)や、偶然並走する電車の乗客を捉えた映像作品《TOKYO TELEPATHY》(2011)といった作品には、そうした映像的な感性を色濃くみることができます。
本展で 山城は高さ6 m 、総面積約260m²のアサヒ・アートスクエアの空間を舞台に、マルチ・チャンネルのビデオ・インスタレーション《The Mirror Stage》を主とした新作を発表します。タイトルにある VIDEREとは、VIDEO[ビデオ]の語源とされ、「見る」を意味するラテン語。アサヒ・アートスクエアの空間に広がる「見るためのデッキ」は、あなた自身を見る装置となり、「ここ」と「どこか」をシンクロさせる、 想像力の再生装置となるでしょう。今この瞬間、同時に存在するこの世界の広がりを体感する展覧会『VIDERE DECK /イデア・デッキ』をじっくりとお楽しみください。
VIDERE DECK/イデア・デッキサイトより
 

会期

2013年12月19日 - 2013年12月23日 11:00 - 21:30

場所

アサヒ・アートスクエア(東京都墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール 4F)

入場料

500円

主 催

アサヒ・アートスクエア/東京映像芸術実験室実行委員会

協 賛

アサヒビール株式会社

タグ