メディアと芸術 ー フォルマント兄弟のまなざしから

文化庁メディア芸術祭愛知展で三輪眞弘教授がフォルマント兄弟として、名古屋大学大学院の秋庭史典准教授をコーディネーターに迎え、シンポジウムを行います。

「フォルマント兄弟」は、テクノロジーと人間の関係を「声」を基軸に思索し、メディアアート作品として発表している2人組のアートユニットです。今回のシンポジウムでは、フォルマント兄弟のユニークなまなざしから「メディア芸術とは何か?」あらためて考える機会とします。また、後半では、情報社会における芸術を研究している美学者・秋葉史典氏をコーディネーターとして、「メディア」と「芸術」を巡る問いをさらに深めていきます。 文化庁メディア芸術祭 愛知展サイトより
 

日時

2014年01月12日 14:00 - 16:00

場所

愛・地球博記念公園 地球市民交流センター 体験学習室1(愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1 )

関連人物

タグ