日本映像学会中部支部2013年度第3回研究会

在校生の水野雄太(1年)が第二部 研究発表において『映像としてのGoogle Maps』を発表します。また、第三部 学生作品プレゼンテーションでは、伊藤遼(2年)が風景映画『TODAY FUKUSHIMA 0819-26』のプレゼンテーションを行います。

「映像としてのGoogle Maps」
水野雄太会員(情報科学芸術大学院大学修士課程)
要旨:「イメージの氾濫状態」と言われる今日の社会の中で、私たちは映像をどのように見ているのだろうか。日常生活の便利なツールとして広く使用されるGoogle Mapsの衛星写真やストリートビューの映像アーカイブは、その膨大な量において現代の映像環境を考察する上で看過することのできない存在である。現代の アーティストは、このような遍在的・網羅的な映像のなかに、現代を表象する「風景」を見出している。
Google Mapsの映像を用いた作品の分析を通じて、今までの記録的な映像とは異なる性質をもったGoogle Mapsの性格を明らかにする。

日時

2014年02月13日 13:30 - 18:30

会場

中京大学 名古屋キャンパス 1号館6階:162教室(愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2)
名古屋市営地下鉄 八事(やごと)駅5番出口 徒歩0分

会場へのアクセスマップ

http://www.chukyo-u.ac.jp/information/access/
会場へは公共交通機関でお越し下さい。

会場の教室

名古屋キャンパス1号館6階:162教室
会場の場所に関しては下記のリンク先をご確認ください。
http://www.chukyo-u.ac.jp/information/facility/g1.html

参加校

愛知淑徳大学
静岡産業大学
椙山女学園大学
中京大学
中部大学
名古屋学芸大学
情報科学芸術大学院大学(IAMAS)

日本映像学会中部支部2013年度第3回研究会

タグ