2年生 修士論文発表

2014年2月6日、7日の二日間にかけて、2年生が修士論文発表を行いました。修士論文発表はひとり15分間のプレゼンテーションの後、10分間の質疑応答時間が設けられました。

2年生は2013年12月に修士作品の制作を終えていますが、多くの学生は修士論文において主題としてそれを扱い、それをどのように自らの研究の成果として位置づけるのか、あるいはある問題意識から為されてきた実践がどのようにそのような作品として結実したのかなど、各々のアプローチで研究を重ね、論を構築していました。

プレゼンテーションでは、当該分野の問題点など作品の制作背景や、自作の制作への手掛かりを示す多くの参考文献や参考作品、自作の制作過程、そして研究全体の成果など、それぞれの研究における多様な具体例、そして多様な実践および考察が述べられ、後の質疑応答では白熱した議論が取り交わされました。

修士論文発表を終えた2年生のあいだには開放的な雰囲気が漂っていました。一同はこれから、2月20日から23日にかけて行われる修了研究発表会・プロジェクト研究発表会に向けて直前の準備に取りかかり始めます。