安野太郎のゾンビ音楽「カルテットオブザリビングデッド」CD発売記念コンサート

卒業生の安野太郎さんが、CD『カルテット・オブ・ザ・リビングデッド』のリリースイベント(生演奏+映画上映+トーク)を開催します(二回公演)。

ゾンビ音楽は安野自作のゾンビと呼ぶ自動演奏機械による音楽です。自らが作った機械との試行錯誤を経てこの音楽に辿り着き、四体のゾンビの演奏によるカルテットにまで進化しました。カルテットという編成は音楽の酸いも甘いもを幅広く表現できる最小単位の編成だと思っています。ゾンビ音楽もカルテットになったことにより、この音楽がどこまでできるのか(できないのか)を示しています。そんなゾンビ音楽第一期の節目として、CD『カルテット・オブ・ザ・リビングデッド』をリリースし、リリースイベントとして、生演奏+映画上映のお披露目公演を行います。
ゾンビ音楽は、その常人には理解しがたい不思議な音響を聴いて楽しむのも一つですが、その音楽に宿る物語性も重要です。前回の『デュエット・オブ・ザ・リビングデッド』では、ゾンビ音楽の物語性をフランケンシュタインのストーリーを借りた安野の私小説的な物語と合わせ、映画という形にしました。公演ではその映画とゾンビ音楽を交互に上演する、交差上演という形で披露しました。今回も交差上演という形をとり、安野とゾンビの関係からテクノロジーと人類の関係にテーマを拡大した映画を上映します。
また各回ゲストを呼んで、あらゆる側面からゾンビ音楽を眺めてみる試みも行います。

安野太郎
安野太郎のゾンビ音楽「カルテットオブザリビングデッド」CD発売記念コンサートFacebookイベントページより

一回目

2014年03月22日 14:00 (開場13:30)

二回目

2014年03月22日 18:00 (開場17:30)

会場

神保町試聴室(東京都千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階)

一回目トーク

テーマ:「ゾンビ・ソングライター」
ゲスト:白波多カミン(シンガーソングライター)

二回目トーク

テーマ:「ゾンビ音楽と社会」
ゲスト:毛利嘉孝(社会学者)

料金

前売 3800円
当日 4300円
料金はCD付きです。
CD無しの料金は用意していません。

定員

各回50名