IAMAS

活動告知

フォーラム・講演 学会 卒業生

日本記号学会第38回大会 「食(メシ)の記号論」

5月19日・20日に名古屋大学にて開催される、日本記号学会第38回大会「食(メシ)の記号論」に卒業生の山口伊生人さんが登壇します。山口さんは ”「ヘボ追い」ってなに?”というタイトルで、蜂を採取し食べる習慣である「ヘボ追い」の周辺環境との関係性から「虫を食べる」ことの文化について語ります。また横浜国立大学の室井尚教授とのトークも行われます。

開催日

2018年5月19日 - 2018年5月20日

会場

名古屋大学情報学部 ほか (名古屋市千種区不老町1)

タイムスケジュール

[1日目]5月19日(土)
13:30- 受付開始
14:00- 総会(会員のみ)
14:40- 問題提起 秋庭史典(大会実行委員長(名古屋大学))
15:00-17:30 第1セッション「食の原点と現在」
檜垣立哉(哲学/大阪大学)、久保明教(社会人類学/一橋大学)
司会:河田学(京都造形芸術大学)
18:00- 懇親会

[2日目]5月20日(日)
10:30-12:00 学会員による研究発表(分科会)
13:30-15:00 第2セッション「マンガが描く食ー『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』と行為としての〈食べること〉」
吉村和真(思想史・マンガ研究/京都精華大学)
おおひなたごう(ギャグマンガ/京都精華大学)
司会:佐藤守弘(京都精華大学)
15:20-17:00 第3セッション「全体討論ー食は幻想か?」
山口伊生人(ハチ追い・ハチ食文化研究)
司会:室井尚(横浜国立大学)
17:00 閉会の辞 前川修(記号学会長(神戸大学))

主催

日本記号学会