IAMAS

活動告知

出版 卒業生

エレクトロニクスをはじめよう

2月24日にオライリー・ジャパンから「エレクトロニクスをはじめよう」が出版されます。この書籍の監訳を卒業生の斉田一樹さんが、翻訳を鈴木英倫子さんが担当しました。またデザインを卒業生の中西要介さんと寺脇裕子さんが担当しています。
本書は1983年にForrest M. Mims IIIさんによって出版された、エレクトロニクス(電子工作、電子工学)初学者のための入門書の日本語版となります。

本書は、エレクトロニクス(電子工作、電子工学)初学者のための入門書です。電気の基礎から、スイッチ、抵抗、コンデンサーなどの基本的な電子部品、ダイオード、トランジスターなどの半導体、そしてデジタルICなどについて、その原理と基本的な使い方を紹介しています。原書は1983年に出版、手書きの文字とイラストの親しみやすいスタイルで、今でも変わらないエレクトロニクスの基本原則が丁寧に語られ、130万部を売り上げました。そして現在でも多くの読者に愛用されています。最終章にはシンプルで理解しやすい100の電子回路を掲載しました。

エレクトロニクスをはじめよう」書籍紹介より

著者

Forrest M. Mims III

監訳

斉田 一樹

翻訳

鈴木英倫子

定価

2,160円+税

発売日

2018年2月24日

出版社

オライリー・ジャパン