IAMAS

活動告知

展示 卒業生

MEDIA AMBITION TOKYO 2018

東京・六本木ヒルズにて、未来を創造する技術とアイデアが結合するテクノロジーアートの祭典「MEDIA AMBITION TOKYO 2018」が開催中です。この祭典に、卒業生の大塚翔太さんがクリエイティブ・ディレクターを担当した、インスタレーション「INVISIBLE BALL」が出品されます。
MEDIA AMBITION TOKYO 2018は、都市の未来を創造するテクノロジーの可能性を東京から世界へ提示し、変革するムーブメントを実体化するようなテクノロジーアートの祭典を目指しています。会期中は、六本木を中心に、都内各所を舞台に最先端のアートや映像、音楽、パフォーマンス、トークショー等が集結します。

《INVISIBLE BALL》/IMG SRC

「INVISIBLE BALL」は、見えないボールを音を頼りにキャッチする体験型デジタルコンテンツです。ディフェンス側のプレーヤーは目隠しをしてステージに立ち、オフェンス側のプレーヤーが選択したシュート音を頼りにボールをキャッチするブラインドゲームとなっております。視覚を遮断し、聴覚を頼りにボールの位置を把握する、普段とは違った感覚を体験をお楽しみ下さい!

期間

2018年2月14日 - 2018年2月16日 10:00 ~ 22:00 (※体験展示期間が限られておりますのでご注意ください。)

会場

六本木ヒルズ 森タワー3階 プレゼンテーションルーム

主催

MAT実行委員会(六本木ヒルズ / CG-ARTS / JTQ Inc. / Rhizomatiks)