IAMAS ARTIST FILE #04 ALIMO・若見ありさ「描く・動く/芸術とアニメーション」

IAMAS ARTIST FILE #04
ALIMO・若見ありさ
「描く・動く/芸術とアニメーション」

2017. 3.4(Sat), 5(Sun)14:30~16:10 (14:10 開場) 入場無料

岐阜県美術館[講堂]

情報科学芸術大学院大学[IAMAS]岐阜県美術館・共同開催企画

情報科学芸術大学院大学[IAMAS]に関係するアーティストを取り上げる『IAMAS ARTIST FILE』第4弾。今回はアニメーションの上映とトークセッションです。IAMAS卒業生のALIMO(ありも)と若見ありさは、発表する場所は少し異なりますが「アート」を意識しながらアニメーションを作ってきました。国内のみならず海外でも評価される両名の作品世界を紹介します。

プログラム

3.4(Sat) 14:30~16:10

上映
『Birth-つむぐいのち』by 若見ありさ(19分)
『ALIMO WORKS〈2004-2013〉』by ALIMO(44分)
トークセッション
ALIMO(美術家)
林緑子(シアターカフェ・運営スタッフ)
西山恒彦(岐阜県美術館学芸員)

3.5(Sun) 14:30~16:10

上映
『ALIMO WORKS〈2004-2013〉』by ALIMO(44分)
『Birth-つむぐいのち』by 若見ありさ(19分)
トークセッション
若見ありさ(アニメーション作家)
林緑子(シアターカフェ・運営スタッフ)
西山恒彦(岐阜県美術館学芸員)

上映作品

ALIMO WORKS〈2004-2013〉

2004-2013 /44分 / ALIMO

「アニメーション・タブロー」という方法論によって制作されたALIMOのアニメーションは、描くことと消すことの繰り返しによって、描いた痕跡が画面に積み重なっていきます。この手法は当初から一貫して行われてきた描く行為のアーカイブであり、その痕跡は描かれた物語に潜む「沈黙」を語るための重要な要素となっています。今回は、初期作品『園』から近年エストニアで制作した『WHITE』まで計8作品を上映します。

1|WHITE(2013) 2|開かれた遊び、忘れる眼(2012) 3|人の島(2011)
4|リーゾー(2007) 5|notice Bhim(2009) 6|Chandelier(2006)
7|A WHITE HOUSE IS FAR(2005) 8|園(2004)

Birth - つむぐいのち

2015 / 19分 / 若見ありさ

つながっていく、いのちの誕生と不思議。3名の女性が出産体験を語り、アニメーション作家が映像化。妊婦の視点で語られるドキュメンタリーアニメーション。宮城・仙台アニメーショングランプリ2016(グランプリ)、Los Angeles Documentary Film Festival(ベスト監督賞)、西東京市民映画祭(グランプリ)、映文連アワード2016(優秀企画賞)、Calcutta International Cult Film Festival(インド)ベスト女性監督賞など、国内外の映画祭で大きな評価を得た話題作。

企画・総合監督:若見ありさ
監督・アニメーション:荒井知恵・こぐまあつこ・若見ありさ

プロフィール

ALIMO (ありも)

1977年山口生まれ。多摩美術大学、IAMASを経て東京藝術大学大学院映像研究科修了後、エストニアで創作活動を行う。現在は広島とエストニアを拠点に活動。近年はポーラミュージアムアネックス展、DOMANI・明日展、国際芸術センター青森、ザグレブ現代美術館、文化庁メディア芸術祭・アート部門、バンクーバー国際映画祭等で作品を発表している。第11回岡本太郎現代芸術賞特別賞受賞。

若見 ありさ (わかみ ありさ)

アニメーション作家。子ども向け教育番組のアニメーションを制作する傍ら、個人でドキュメンタリー映像やアニメーションを制作。ガラス台を使用した砂絵アニメーション「Chorus」や赤ちゃんと出産祝いのコマ撮りアニメーション「Blessing」などが10カ国以上の映画祭で上映される。自身の出産体験を元に企画した「Birth-つむぐいのち」が国内外で高い評価を得ており、現在、第2弾「Birth-おどるいのち」を制作中。

林 緑子 (はやし みどりこ)
[トーク・ゲスト]

1972年生まれ。2000年から東海地方を中心に、自主上映団体「ANIMATION TAPES」を主宰。2012年より、名古屋市中区大須にて、江尻真奈美と共にお茶と映像を楽しめる上映スペース「シアターカフェ」を運営。

アクセス

岐阜県美術館

〒500-8368 岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
WEB:http://www.kenbi.pref.gifu.lg.jp/

<電車をご利用の場合>

JR東海道本線
西岐阜駅 南口から南東へ徒歩約15分

<バスをご利用の場合>

岐阜バス
鏡島市橋線 JR岐阜駅前(6番乗場)・名鉄岐阜駅前(1番乗場)で「市橋」行きに乗車(約15分)「県美術館」下車
西ぎふ・くるくるバス
JR西岐阜駅南口乗車(約5分)「県図書館・美術館」下車
1日7便(復路は約30分)大人:100円、小学生:50円

<タクシーをご利用の場合>

JR東海道本線岐阜駅および名鉄岐阜駅から乗車[約10分]

<お車をご利用の場合>

名神高速道路
岐阜羽島ICから県庁方面へ北進 約10km
東海北陸自動車道
岐阜各務原ICから国道21号線を西進 約10km
 

<駐車場のご案内>

県図書館地下駐車場、美術館・図書館東駐車場、美術館・図書館西駐車場をご利用ください。(無料)
車いすをご使用の場合は、美術館通用口またはレストラン北側の駐車場をご利用ください。(無料)

 

お問い合わせ

本企画についてのお問い合わせ

情報科学芸術大学院大学 [IAMAS] 担当・前田
0584-75-6600
maeda@iamas.ac.jp

会場についてのお問い合わせ

岐阜県美術館
058-271-1313