IAMAS

芸術特論B(身体×芸術)

芸術表現(メディア表現を含む)を<歴史・身体・哲学>の三つの場所から計測します。すなわち、表現における美術史的考察、身体論的分析、および哲学的討究のそれぞれの手法を用いて、そもそも「表現」とは何であるかという根源的な問いかけに対する解答の(不)可能性を証明します。今年度はとくに身体論的分析を医学と美術の両方向からアプローチします。

講義形態

集中講義(座学)

講義計画・項目

美術史的素材:フェルメール、ジャコメッティ、マグリット、デュシャン、サイ・トゥオンボリなど
身体論的素材:維新派、ダムタイプ、劇団態変、土方巽、ROSAS など
哲学的素材:カント、アドルノ、デリダ、スティグレール、西田幾多郎など
今日的素材:身体変工、コスプレ、J-POP、SNS、AKB48 など

教科書・参考書等

必要に応じて授業中に紹介します。