IAMAS

プロジェクト技術演習

プロジェクト実習を実施するにあたり、表現の口耳となる実践的なスキルの修得と同時に、表現の手足となる先進的な加工装置等についての実習を目的としたオムニバス形式の科目です。現代社会における問題の発見や解決方法の実習を通じて、専門性に自足することのない複眼的な視野、および実践的関心を基盤とする 理論形成能力の育成を目指します。
研究能力の修得とその基礎となる知の内実化を培い、基礎理論と調査分析法・論文作成のためのデータ収集・分析、レポート執筆に至るまで、具体的な研究方法の習得を目指します。研究の段階を丹念に辿り、それをミニリサーチとしてまとめることで、目の前の事象を多角的に捉え、その成果を学術的な論文に仕上げていくため、どの分野の研究者にも必須の能力、実践へ向けた理論の再構成を思考するアカデミック・トレーニング等を行います。

講義形態

講義、プレゼンテーション、ワークショップ

講義計画・項目

  • 論文調査:
    研究論文等を書く場合必ず必要となる、研究の前段階で必要な論文の調査方法、効率的な論文の読み方を学びます。
  • 文面構成:
    論文の役割やルールなど、論文を執筆する際に知っておくべき事柄を学びます。
  • 社会調査/ 行動分析/ 統計分析:
    ユーザの反応や意図を洩らすことなく捉え、調査、分析する手法を学びます。初期のニーズ調査や問題発見、フィードバックフェーズにおける試作品の評価につながる技術です。
  • ワークショップデザイン:
    ワークショップについて理論や体系などを学び、実践する方法を獲得します。
  • 情報工学:
    プログラミングの導入などの情報処理を主とする工学的な実現方法を学びます。
  • 3D プリンタ・レーザー加工演習:
    立体物の作成ができる積層3Dプリンタの使い方を、CAD の操作から学び、最先端の造形手法を学びます。また同様に、レーザーにより素材を切断、彫刻する装置の使い方を学び、試作造形力の強化を狙います。

教科書・参考書等

テキストは適時配布します。
また必要に応じて授業で紹介します。