産官学連携・地域連携

IAMASでは、企業、自治体、文化・研究機関、学校、NPOなどと連携することで、本学の情報科学技術と地域文化研究の成果を深化させるとともに、連携の研究成果によって地域社会へ貢献することを推進しています。

附置機関である産業文化研究センターが、連携の相談から、教員やプロジェクトとのコーディネート、研究契約の締結などのサポートを行っています。

「IAMASと研究開発したい」「IAMASと地域連携したい」「新しいものづくりビジネスや商品開発などの助言や支援をお願いしたい」「IAMASに技術相談・指導を受けたい」「IAMASの教員に講演・ワークショップを依頼したい」「ICT教育の活用について助言や支援をお願いしたい」などのさまざまな要請に合った形で連携をすすめています。

IAMASと研究開発したい

IAMASでは、企業や地方自治体、諸団体と連携した研究活動を展開しています。

研究には、企業、自治体、他大学などの研究者と本学の教員・学生とが共通の課題やテーマについて共同で研究を行なう[共同研究]と、 企業や自治体などからの委託を受けて本学の教員・学生が研究を実施する[受託研究]の制度を設けています。

連携した研究の形式には、授業のカリキュラムに組み込んで実施する[カリキュラム導入型]と、課外活動で推進していく[課外プロジェクト型]があります。

[共同研究]の連携事例

アドバンストデザインプロジェクト[カリキュラム導入型]

相手先
日本写真印刷株式会社(2010~2011年度)
株式会社タカラトミー(2009~2010年度)

ものづくりオープンメソッド[カリキュラム導入型]

相手先
岐阜高等専門学校(2011年度~継続中)
美濃市(2011年度~継続中)
株式会社タカイコーポレーション(2011年度~継続中)

[委託研究]の事例

大垣まるごとミュージアム構想に基づく歴史地図作成研究[課外プロジェクト型]

相手先
大垣市(2012年度)

IAMASと地域連携したい

地域の課題解決や、地域文化の活性化・再発見の方法などをテーマに、地元企業、自治体・NPOなどと連携して研究を行っています。テクノロジーやデザイン・アートを使って、クリエイティブ・コミュニティの創造に貢献しています。

[共同研究]の連携事例

たるてつプロジェクト[課外プロジェクト型]

相手先
樽見鉄道(2012年度~継続中)

岩村デザインプロジェクト[課外プロジェクト型]

相手先
恵那市岩村振興事務所(2011年度~継続中)

新しいものづくりビジネスや商品開発などの助言や支援をお願いしたい

中小企業者の「ビジネスモデル改革」や「国内外に発信できる岐阜県ブランドの商品ラインナップ強化」に繋がる商品開発支援をIAMASイノベーション工房が担当して行っています。プロジェクトに参加する中小企業を広く応募し、採択された企業に対しては、岐阜県がそのデザイン開発を支援します。

※2013年度の商品開発支援の応募は締め切りました。
※商品開発支援についての詳細は、岐阜県商工労働部地域産業課のサイトをご覧ください。
岐阜県 : 意欲ある商品開発プロジェクトのデザイン開発を支援【地域産業課】

※IAMASイノベーション工房の活動については、以下のサイトをご覧ください。
IAMASイノベーション工房

IAMASに技術相談・指導を受けたい

新規事業での技術的な課題を解決したい、研究開発力を向上させるにはどうしたらよいか、新規事業を実現するための助言をうけたい、など様々なご相談にIAMASの教員が応じます。

IAMASの教員に講演・ワークショップをお願いしたい

IAMASでは、地域の方々に向けて、公開フォーラムや公開講座を開いて定期的に情報発信と交流の場を設けています。それ以外にも、企業や教育機関、自治体、NPOなどと連携したり、もしくは個別の要請に応じて、講演会やワークショップに参加しています。

連携事例

岐阜イノベーションセンター事業

相手先
日本マイクロソフト株式会社、岐阜県(2007年度~継続中)

ネットワーク大学コンソーシアム岐阜 公開講座

相手先
ネットワーク大学コンソーシアム岐阜(2009年度~継続中)

ICT教育の活用について助言や支援をお願いしたい

岐阜県の高校などを対象に、IAMASの教員がICT教育の出前授業をおこなったり、ICTを教育現場で活用するためのアプリ開発などを行っています。

支援事例

出前授業

相手先
岐阜県立大垣商業高等学校(2012年度)
岐阜県立大垣東高等学校(2012年度)
岐阜県立多治見高校(2012年度)

連携事例

幼稚園・保育園・幼保園でのICT活用プロジェクト[カリキュラム導入型]

相手先
大垣市(2012年度~継続中)