IAMAS

平林 真実 写真 教授

平林 真実

1964年長野県生まれ。NxPC.Lab主催。研究領域はコミュニケーションシステム、実世界インタフェース・インタラクション。Web構造解析、位置情報ベースの研究/作品などをはじめ、近年は音楽体験を拡張するためのシステムの研究を行う。多数のクラブイベントでの経 験を生かし、NxPC.Lab名義でクラブイベントを開催することで音楽会場で展開可能な実践的な展開を行なっている。

メールアドレス

hrr@iamas.ac.jp

研究分野

  • コミュニケーションシステム

学位

  • 博士 (工学) (神戸大学大学院)

学歴

1983年04月 - 1987年03月
筑波大学 第三学類 情報学類
1987年04月 - 1989年03月
筑波大学大学院 理工学研究科修了
2000年04月 - 2004年03月
神戸大学大学院 自然科学研究科後期課程修了

経歴

1989年04月 - 1994年03月
株式会社リコー ソフトウェア研究所
1994年04月 - 1996年03月
慶應義塾大学環境情報研究所 研究員

所属学協会

  • 情報処理学会
  • ACM
  • バーチャルリアリティ学会
  • ヒューマンインタフェース学会

論文

2002年
リンクに基づいた明示的 Web ページ評価法
情報処理学会 論文誌:データベース (TOD16)
2009年
CCCity Game : Utilizing Photos as Location -aware Inter face
15th VSMM
2012年
Cryptone: Interaction between Performers and Audiences With Inaudible DTMF Sounds
SIGGRAPH ASIA Emerging Technologies
2015年
Sense of Space: The Audience Participation Music Performance with High-Frequency Sound ID
Masami Hirabayashi, Kazuomi Eshima
NIME2015

競争的資金等の研究課題

2008年
知的権利啓蒙をテーマとしたWeb 意味情報と実空間との連携手法の研究
日本学術振興会 科学研究費補助金(症例研究)
代表者: 平林真実
2014年 - 2016年
移動体環境を活用したユーザ体験拡張インタラクションのデザイン
小川科学技術財団 特定研究助成
代表者: 平林真実
2015年 - 2017年
音楽体験を拡張するための基盤技術とインタラクションデザイン
日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者: 平林真実
2015年 - 2018年
コピペ時代のプログラミング能力評価手法の開発
日本学術振興会 基盤研究(C)
代表者: 大月一弘

作品

2006年
CCCity (岐阜おおがきビエンナーレ)
2008年
CCCity Game (岐阜おおがきビエンナーレ)
2010年
CCCity Remix (岐阜おおがきビエンナーレ)

活動

1997年 - 1999年
Java に関する技術・応用・表現大賞 (表現部門長)
2000年
音楽イベント Metamorphose (ネット中継・会場デコレーション)
2010年
NxPC.Lab 主催 (NxPC.Live 各種音楽イベント開催)

活動報告