IAMAS

小林 孝浩 写真 教授

小林 孝浩

1969年岐阜県生まれ。画像処理を用いた位置計測技術と、柔らかいロボットハンド機構とを 組み合わせた、果実収穫システムの研究で博士号を取得。近年は、IT弱者や障碍者向けの装置を開発するとともに、家業である農業をテーマとした取り組みを行なう。目前の課題としては、小規模(日本における一般的規模)な稲作に行き詰まりを感じ、太陽光発電を備えた農業施設を農地に設置するなど、持続可能な農業の実践を目指している。

メールアドレス

kobayasi@iamas.ac.jp

研究分野

  • 情報システム工学

学位

  • 博士 (工学) (岐阜大学大学院)

学歴

- 1997年03月
岐阜大学大学院 工学研究科 電子情報システム工学専攻博士後期課程

経歴

1997年04月 - 2001年03月
岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー 助手
2001年04月 - 2003年03月
情報科学芸術大学院大学 助手
2003年04月
情報科学芸術大学院大学 講師
2013年04月
情報科学芸術大学院大学 准教授

所属学協会

論文

1997年
ビジュアルフィードバックを用いたロボット制御に関する研究とその応用
博士論文
2001年
Info.Table: Realisation of Embedded Intelligence
Human-Computer Interaction
2003年
Real-scale Spline Curve Manipulation System
2004年
Tangible NURBS-curve Manipulation Techniques Using Graspable Handles on a Large Display
UIST04
2007年
水稲の有機栽培を補助する小型移動機構 ( アイガモロボット ) の開発 − 圃場におけるロボットを利用した除草実験
ROBOMEC
2007年
音点字 ~ メディアアートの社会的役割 ~
TVRSJ07
2007年
頭部搭載型投影式ディスプレイの開発・製作
VRSJ07
2007年
Examination of Mixed Reality System Devoted for Outdoor Contents as Artistic Presentation
VSMM07
2008年
温感による触図表現拡張の可能性
VRSJ08、VRSJ11、VSMM11、紀要11、紀要12
2008年
Tangible 3D Interface for Sound Manipulation
VSMM08
2009年
IT 初心者向け電子メールインターフェイス
HI09、紀要10
2013年
画像処理を用いた硬式野球ボール品質評価手法の提案
情報処理学会第75回全国大会
2014年
プロジェクションマッピングのコンテンツにおける視覚的認知効果を用いた演出技法の体系化
インタラクション2014
2014年
小規模兼業農家の挑戦
紀要13

活動

2001年 - 2003年
Info.Table 展示 (オーストラリア他)
2002年
農業の高度化に関する共同研究
2003年
インタラクティブ映像システム (相田みつを美術館)
2006年
幼児向け音点字装置の共同開発 企業連携
2007年
操作性を重視した電子郵便システムの共同開発 企業連携
2011年
製造プロセスの改善提案等 企業連携
2013年
農業とIT勉強会 企業連携
2014年
可視光通信システム、磁気通信システム 企業連携
2014年
コーヒー豆選別機構の試作 企業連携
2015年
可視光通信システムの応用 企業連携

活動報告