IAMAS

安藤 泰彦 写真 教授

安藤 泰彦

現代美術作家。1953 滋賀県生まれ。1983年より、アートユニット「KOSUGI+ANDO」として既知の物語を換骨奪胎したインスタレーションを制作。90年代よりコンピュータ制御された映像やオブジェなどを積極的に作品にとりこみ、アート作品を通してテクノロジーが私たちの生活や生命に与える影響を考える。また作品制作と並行し「SKIN DIVE―感覚の回路を開く」(京都芸術センター、1999)、「岐阜おおがきビエンナーレ2013」などのディレクターをつとめる。

メールアドレス

ad@iamas.ac.jp

研究分野

  • 現代美術

学歴

1973年04月 - 1977年03月
京都大学 理学部 生物物理学科
1977年04月 - 1981年03月
京都市立芸術大学 美術学部 西洋画科

経歴

1981年04月 - 1986年03月
京都教育大学付属養護学校 教諭
1986年04月 - 1994年03月
京都市立西養護学校 教諭
1994年04月 - 2003年03月
成安造形短期大学デザイン学科 助教授
2003年04月 - 2007年03月
大阪成蹊大学芸術学部デザイン学科 教授

所属学協会

  • 日本ヴァーチャルリアリティ学会
  • 日本記号学会

書籍等出版物

2000年
「BEACON 作品あるいは作品制作におけるプロセスについて」、情報デザインシリーズ第6巻『情報の宇宙と変容する表現』
角川書店
2002年
「生成する空間」、『《心の危機と臨床の知》IIIリアリティの変容? - 身体/メディア/イメージ』
新曜社

作品

2001年
STOLEN BODIES 『芸術と医学展』 (ICC)
2001年
BEACON 『テクノランドスケープ展』 (ICC)
2004年
BEACON 2004 (大阪成蹊大学芸術学部スペース B)
2005年
Circulation 『世界の呼吸法展』 (川村記念美術館)
2006年
Circulation (神戸 夢創館)
2006年
KOSUGI+ANDO 展 森の夢、記憶の森へ (国際芸術センター 青森)
2006年
クロノ・グラフ ルーチェ・ベルデ (松山)
2010年
Moderate Falling (ギャラリー 16)
2010年
BEACON 2010 (京都芸術センター、メディア芸術文化祭 京都展)
2011年
二番目の埋葬 Second Burial (神戸 夢創館)
2011年
遷移状態 Transition State (大阪 CAS)
2014年
BEACON 2014 memento・BEACON 2014 in flux『パノラマ・プロジェクト』 (東京・京都)
2015年
BEACON 2015-Look Up! (岐阜県美術館)
2017年
Sleepless Babies (ギャラリー 16)

展覧会企画

1999年
SKIN DIVE スキンダイブ - 感覚の回路を開く 芸術祭典 「京」
2000年
チャンネル -n - 多層世界への水路 (京都芸術センター)
2008年
岐阜おおがきビエンナーレ 2008 展示企画「大垣ふうけい論」
2013年
岐阜おおがきビエンナーレ 2013 LIFE to LIFE 生活から生命へ|生命から生活へ
2015年
岐阜おおがきビエンナーレ 2015 Cracks of Daily Life 日々の裂け目

活動報告