プロジェクトについて
本阿弥光悦展覧会について
本阿弥光悦とは
実行委員会
巻子鑑賞のための装置
茶碗鑑賞のための装置
レポート
タイムライン

本阿弥光悦とは



(ほんあみ こうえつ 1558〜1637)
永禄元年(1558)、京都に生まれる。安土桃山・江戸時代初期に活躍した芸術家。近衛信尹、松花堂昭乗と共に寛永の三筆の一人。
京都の三長者(後藤、茶屋、角倉)に比肩する富豪で、代々刀剣の鑑定、磨き、浄拭を家職とした本阿弥家に生まれる。熱烈な法華教信仰を根幹とする一族の厳格な節倹、誠心を光悦も失うことなく、和学の教養と独自の書風(光悦流)を身につけて、美術工芸面に金字塔をうち立てた。角倉素庵に協力して出版した嵯峨本や俵屋宗達の下絵に揮毫した和歌巻、色紙、さらに蒔絵、茶碗などは、当代の日本文化の花と讃えられる。
茶の湯の師、古田織部が自害した1615年(元和元年)徳川家康より洛北鷹が峰の地所を与えられ移住し、〈皆法華〉の芸術家村を築いて、題目三昧と創作、雅遊の晩年を送った。友人は公家、武士、僧など広範に及び、〈天下の重宝〉と惜しまれて、同地に没した。
(コンサイス日本人名辞典より抜粋)

→ 参考作品






プロジェクトについて | 本阿弥光悦展覧会について | 本阿弥光悦とは | 実行委員会
巻子鑑賞のための装置 | 茶碗鑑賞のための装置 | レポート | タイムライン