We robot


私たちは『バカなロボット』の展覧会を開きたいと考えています。展覧会は公園と公園の中に仮設されたパヴィリオンで行います。 公園では観客と相互作用するロボットが自由に動きます。パヴィリオンの中にいるロボットの動作は限定され、観客は距離をもちそれを見ます。これらすべてのロボットは、与えられた課題を行えなかったり、いつも失敗したり、無意味な事をしたりする、『バカなロボット』なのです。

メンバー

Hiroshi Murakami
Nadia Kozulina
José María Campaña Rojas

背景

We all grew up in a world which already can not exist without machines. All kinds of mechanisms seem to have become the extension of our bodies. Machines are integrated in a society so much that we already arrived to a state where almost nothing in our daily life is possible without some mechanism, yet we're used to it so much that we don't notice it until something breaks and we're forced to use only our own power and realize our limits. The current state of world where humans and machines exist together is the subject of our exhibition.We're going to use Arduino to program robots' logics and build them of various materials.

私たちはすでに機械なしでは存在できない世界を育んできました。すべての機械の種類は私たちの体の拡張をになってきたように思えます。機械は社会に強く統合されています。日常生活の中に様々な機械が全くない事はあり得ない状態にまで、私たちは既に到達しています。また、私たちは機械を壊すまで気がつかず頻繁に使用しています。そして、私たちの限界を実現し、私たちの所有する最適な力を使う事に私たちは向けられてきました。機械と人間が共存する世界の現状が私たちの展覧会の主題なのです。ロボットの機構を動かし、様々な素材からロボットを製作する事に、アルディーノを使用することを計画しています。

経緯

We built a prototype for one of our robots, "the imprisoned robot". Robot body and prison are constructed of cardboard, robot logics is programmed using Arduino. The imprisoned robot is sitting in a jail and writing its diary, typing with his cardboard hands. When nobody is near robot is typing and video with running text is shown on screen. If somebody comes close, cencor activates, robot reacts to people approaching, turns around, shows his story and asks for help to get out of prison.

私たちは私たちの考えるロボットのプロトタイプ『投獄されたロボット』を製作しました。ロボットとその本体そして、牢獄は段ボールでつくられ、ロボットはアルディーノを使うことで、プログラムを実行します。『投獄されたロボット』は監獄のなかに設置され、段ボールの手で日記をタイプしています。誰も近くにいないときは、スクリーンにテキストが表示され、ロボットがタイプしている状態です。もし誰かが近づくとセンサーが働き、誰かが近づいた事に反応します。誰かが近づくと、ロボットは振り返り、スクリーンにはこのロボットについてのストーリーが表示され、監獄から助けてほしいと、問いを発します。

説明



Our exhibition is a small robot society. Funny robots, sad robots, troubled robots, thinking robots, imprisoned robots exist there.
Some of the robots we're planning to use at the exhibition:

私たちの展覧会は一つの小さなロボットの社会を提示します。変なロボットたち。悲しいロボットたち。問題を抱えたロボットたち。考えているロボットたち。投獄されたロボットたち。さまざまなロボットがこの展覧会には存在しています。これらのロボットたちは私たちが展覧会で計画しているロボットです。


“The artist”: robot is sitting in front of blank canvas on an easel and thinking. Robot does nothing, only thinks.

『アーティストロボット』イーゼルに設置された何も書かれていないキャンバスの前で考えているロボットです。このロボットは何もできません。考えているだけです。

“The fishing robot”: robot is sitting at the river bank and fishing, but can not catch any fish.

『魚釣りロボット』このロボットは川辺に設置され釣りをしています。しかし、魚を一匹も釣る事ができません。

“The fortune telling robot”: fortune teller, giving random predictions, sometimes meaningless, sometimes proper.

『占いロボット』このロボットは、時に無意味だったり、あるときは適切に、適当に未来を予測します。

“The storytelling robot”: robot is telling stories to children, mostly using well-known fairy tales, but always makes mistakes and jumps from one story from another. This robot can interact with audience, use help of listeners and construct new stories together.

『お話ロボット』このロボットは子供に物語りを語ります。ほとんどはよく知られた物語ですが、いつも間違えたり、違う物語に話が飛んだりします。このロボットは観客に反応する事ができます。聞き手の助けによって新しいストーリーを作る事ができます。

“The dying robot”: this robot turns off its own electric plug while walking and soon switches off because of lack of energy. It needs help of customers to turn it back on, but soon switches itself off again.

『死ぬロボット』このロボットは歩く事で自らの電源プラグを抜く事でスイッチを切るロボットです。プラグを抜く事で、電力がなく電源が切れるのです。もとの動作をするのに観客の助けが必要です。しかし、すぐにまたスイッチを切ってしまいます。

“The imprisoned robot”: robot is sitting in a jail and writing its own memoir, telling the sad story of losing freedom. It reacts to people approaching, turns around, shows his diary and asks for help.

『投獄されたロボット』 このロボットは監獄に設置され自由を失い悲しい話を語り、自らの事を文章にしています。誰かが近づくと反応し、振り返り、このロボットの日記が映し出され、助けてほしいと問いを発します。

“The bug robot”: a little robot resembling a bug lying on its back, waving legs unable to turn around and walk.

『虫ロボット』 小さなこのロボットはひっくり返った虫のようなロボットです。ひっくり返り歩く事ができないで足を揺らしています。
We want to entertain our visitors, but at the same time we'd like them to think about various questions on life, success and failure, ways of learning something new, control and freedom and difference between human and machine.

私たちは展覧会の観客を楽しませたいのです。しかし、それと同時に、生命/生活、成功、失敗、新しい事の学び方、支配、自由、そして人間と機械の違いについての様々な問いを考えてほしいのです。

課題

To create our robot exhibition we need help of professional engineers for robots design and an architect for pavillion. We would also need money for building robots, constructing exhibition, transportation and advertisement. Besides money, connections with exhibition curators, city and park administration and scientist working on similar subjects could be very useful.

私たちのロボットを生み出す展覧会は多くのロボットをデザインする専門的な技術者やパヴィリオンをデザインする建築家の助力が必要です。私たちはロボットを作る事、展覧会や交通や広告を整備する事に資金が必要になります。資金以外にも展覧会のキュレーターと、街や公園の政治と、類似した課題の科学者の仕事を結びつける事が必要です。これらの事が実現されれば、非常に有意義な展示となるでしょう。

カンパニャロハス ホセマリア

コズリナ ナデズダ

Abstract

We would like to open an exhibition of stupid robots. This exhibition takes place in a park with temporarily constructed pavilion.

Robots exhibited in a park can move freely and interact with customers. For robots inside the pavilion movements are restricted and customers can only watch them from a distance. All the robots are “stupid”, meaning they can not perform their task, always fail, or do meaningless things.