IAMAS

これからの創造のためのプラットフォーム

このプロジェクトでは、アート、デザイン、思想、くらし等の様々な領域における実践者の知見に触れ、現代社会の課題を考察することで思考の可動域を広げ、これからの時代の「創造」のあり方を探ります。

【これまでに開催されたレクチャー、イベント】
「生きるための昆虫食」|野中健一(立教大学教授)
「セルフビルドという思想」|清水陽介(どっぽ村代表)、黒川大輔(木工房結主宰)
「国家とインターネット」|和田伸一郎(立教大学准教授)
「フランシス・アリス」|吉崎和彦(東京都現代美術館学芸員)
「弱いロボット」|岡田美智男(豊橋技術科学大学教授)
「つくられていく地域」|土川修平(商店経営)
「えを かく かく かく」|アーサー・ビナード(詩人)
「金生山 明星輪寺」|冨田精運(金生山明星輪寺住職)
「石徹白の小水力発電」|平野彰秀(NPO法人地域再生機構副理事長)
「地の声、時の声を聞く」|井上博斗(郡上八幡音楽祭プロデューサー)
「映像人類学講義I、II」|川瀬慈(国立民族学博物館准教授)
「フィールドの音をとる」|柳沢英輔(同志社大学文化情報学部助教)
「人・音・織・機」展|末松グニエ文(写真家)、伊藤悟(人類学者)
「オキナワという空間」トークイベント|土屋誠一(沖縄県立芸術大学准教授)
「TALK WITH VINCENT MOON」トークイベント|ヴィンセント・ムーン(映像作家)

所属

研究代表者: 前林 明次

研究期間

2014年 - 現在

プロジェクト活動報告