分室内イベント

情報科学芸術大学院大学(通称 IAMAS)産業文化研究センター分室では、IAMASの情報発信と、企業や地域とIAMASの連携促進を図るため、企画展や情報交換会・勉強会などの開催や、IAMAS教員・学生の研究成果・作品を紹介する展示企画など様々な取り組みを行っています。

2005年、IAMASでの “プログラマブル・デバイス・プロジェクト (PDP)” から活動を開始し、現在も国内外で積極的な活動を展開している、The Breadboard Bandを講師に迎え、「音がなるブレッドボード ワークショップ」を開催します。

ハンダ付けをしなくても電子部品をコネクタに差し込むことで電子回路を組むことができるブレッドボードを使って、電子楽器を作ります。音を発生する電子回路の制作方法を基礎から習得します。

ワークショップの最後には制作した楽器による演奏での発表を行います。

皆様のご応募をお待ちしております。


mBBWS.jpg

開催概要

  1. 日時:2012年7月28日(土) 13:00 - 20:30
       (実習:13:30-18:30 / 作品発表:19:00-20:30)
  2. 会場:実習 ソフトピアジャパン ドリーム・コア1F f.Labo
       作品発表 ソフトピアジャパン センタービル1F セミナーホール
  3. 対象者:中学生以上
  4. 参加費/材料費:参加費無料(ただし材料費として3,500円が必要です)
            ワークショップで制作した作品は、お持ち帰り頂けます。
            材料費は、当日受付にてお支払い下さい。
  5. 定員:10名
  6. 講師:The Breadboard Band原田克彦大石影誠斉田一樹
  7. 申込締切:2012年7月20日(金) 17:00まで (定員になり次第締切)
  8. 申込方法:必要事項 (住所、氏名 電話番号、E-mailアドレス、所属)をご記入の上、下記の連絡先までメールもしくは、電話にてお申込み下さい。
    ※いただいた個人情報は、本事業以外の目的で使用することはございません。
  9. お申込・お問い合わせ:IAMAS 産業文化研究センター分室
               TEL: 0584-77-1138 (受付時間帯:平日 9:00-17:00)
               E-mail: rcic-branch[at]ml.iamas.ac.jp

講師紹介

The Breadboard Band

2005年、原田克彦、大石彰誠、斉田一樹、赤松正行で結成。電子工作をベースにしたパフォーマンスユニット。電子回路を設計・実験するためのツールであるブレッドボードを駆使し、多彩な音楽を作り出す。 www.breadboardband.org

原田克彦

東京工芸大学芸術学部インタラクティブメディア学科助教。Generative Idea Flowメンバー。 2009-10東京芸術大学公開講座「電子楽器工作ワークショップ」 ハードウェア/プログラミングを用いたメディア表現を中心に制作活動をしている。

大石彰誠

DIYer・DJ・プログラマー。明星大学情報学部 指導員/非常勤講師。 BBBでは、ArduinoPSOCベースのデジタル楽器を担当。 また、最近ではデジタルファブリーケーションツールを使用してmobileBBキットの設計製作も行う。

斉田一樹

電子楽器製作者・プログラマ(C++)。BBBではアナログ系の楽器やリズムマシンを担当。 東京都を中心に、自作楽器によるライブ活動多数。学研「大人の科学」電子ブロックmini 製作記事掲載。 三原総一郎との共同制作による音の出る作品"moids"を世界各地で展示。 現在はドイツ、カールスルーエにあるZKMで行われている"Sound Art"にて展示中。 

RCIC分室 お問合せ先
ソフトピアジャパン・IAMAS連携拠点
IAMAS 産業文化研究センター分室

503-8569
岐阜県大垣市加賀野4-1-7
ソフトピアジャパンセンター 2F
TEL:0584-77-1138
FAX:0584-77-1105

E-mail:rcic-branch@ml.iamas.ac.jp