Photos © Stéphane AUDRAN / Reproduction prohibited
OPERA AMOK. Extraits (9min51sec)


Oskar Kokoschka Die Windsbraut 1913.
© Kunstmuseum Basel. Fondation Oskar Kokoschka. Adagp, Paris 2015.
Arts visuels : Adoka Niitsu


Contemporary Opera AMOK
Libretto by Orianne MORETTI
Composition by François CATTIN

ADOKA NIITSU participated in opera "AMOK" as visual artist for stage set. "AMOK" is an opera loosely inspired by the relationship between Alma Mahler and Oskar Kokoschka.


Opéra de Reims
Samedi 6 février 2016 à 20h30
Opéra de Reims : 13 Rue Chanzy, 51100 Reims, France

L’Heure bleue
Jeudi 25 février 2016 à 20h15
Vendredi 26 février 2016 à 20h15
TPR-L’Heure bleue Salle de musique :
Avenue Léopold-Robert 27, 2300 La Chaux-de-Fonds, Swiss
『AMOK(アモック)』・・・このミステリアスな単語には、アルマ・マーラー(Alma Mahler)とオスカー・ココシュカ(Oskar Kokoschka)のイニシャルが隠されている。芸術の女神と画家、この奇妙な二人は、第一次世界大戦の夜明け、狂乱と激動の中にいた。

アルマは、偉大な作曲家グスタフ・マーラーの未亡人、ココシュカは、若いアーティスト。アルマはココシュカのミューズ、創作のインスピレーションとなり、芸術家としての彼を目覚めさせた。やがて二人の恋は終わりをつげ、失意のあまり入隊した戦争で、ココシュカは心だけでなく、頭部に深い傷を負う・・・

『AMOK』は情熱的な恋人たちのイニシャルでありながら、同時に民俗学用語で「死ぬほど逆上し、自制心が失われた状態」を意味する単語でもある。この奇妙な一致は、舞台作家で監督であるオリアンヌ・モレッティにより見出され、彼女はこの並外れた恋の物語を元に、ボードレールの『悪の華』とゲーテの『ファウスト』を混在させた脚本を書き上げ、『オペラ表現主義』と呼ばれる舞台を産み出した。

フランソワ・カッタンによるオリジナル音楽と、13人のオペラ歌手により、恋人たちの驚愕の人生が歌われる。

空間演出家ジュリエット・ブロンデルによる舞台空間の壁面を、拡大された新津亜土華のモノクロのドローイングシリーズ『Le Piaffer』が覆い、照明家Joël ADAMによるライティング効果によって様々な色が加えられて、登場人物たちの無意識下の心の揺れや激しい葛藤を投影する。
脚本 : Orianne MORETTI
作曲 : François CATTIN
音楽監督 : Nicolas FARINE

演出 : Orianne MORETTI
振付 : Nans PIERSON
空間演出 : Juliette BLONDELLE
照明 : Joël ADAM
衣装 : David MESSINGER
衣装補助 : Madeleine LHOPITALLIER
美術 : Adoka NIITSU
小道具 : Alain JUTEAU
ヘアーメイク : Fanny JAKUBOWICZ
演出補助 : Daniela BECKER
照明補助、助監督 : Michel CABRERA
振付補助 : Florine CLA

出演・役
アルマ : Sophie ANGEBAULT
オスカー: Till FECHNER
アルマの父 :Dan POPESCU
アルマ少女時代 : Magali ARNAULT-STANCZAK
オスカーの母 : Christine TOCCI
彫刻家: Julia KNECHT
友人 : Laure SLABIAK
生物学者 : Nicolas ZIELINSKI
志願兵 : Humberto AYERBE PINO
赤いビー玉の男 :Sébastien OBRECHT
作曲家 : Vlad CROSMAN
医者 : David ORTEGA
男 : Julien VERONESE
オーケストラ :KNM Berlin
Krajka Raphael, pianiste chanteur
Rebecca Lenton, flûte
Gudrun Reschke, hautbois/cor anglais
Horia Dumitrache, clarinette
Alexandre Babel, percussion
Pascal Viglino, percussion
Frank Gutschmidt, piano
Nathalie Amstutz, harpe
Christine Paté, accordeon
Theodor Flindell, violon
Michael Yokas, violon
Kirstin Maria Pientka, alto
Cosima Gerhardt, violoncelle
John Eckhardt, contrebasse

共同制作・協力 :
Festival Reims Scène d'Europe
Opéra de Reims
Jeune Opéra Compagnie
Correspondances Compagnie
Césaré
TPR — Centre neuchâtelois des arts vivants,La Chaux-de-Fonds

Création mondiale en février 2016 à l'Opéra de Reims.
Cette création a reçu le Label Centenaire l'incluant dans le calendrier officiel des commémorations de la Guerre 14-18 pour le Centenaire de la Première Guerre Mondiale.

copyright