Date: Thu, 22 Jun 2000 13:03:06 +0900
From: Masahiro Miwa <mmiwa@iamas.ac.jp>
Reply-To: life@iamas.ac.jp
Subject: (IAMAS LIFE 394) Let's sing the IAMAS song !
To: life@iamas.ac.jp
X-ML-Name: life
X-Mail-Count: 394
X-MLServer: fml [fml 2.2]; post only (only members can post)
X-ML-Info: If you have a question, send a mail with the body
"# help" (without quotes) to the address life-ctl@iamas.ac.jp;
help=<mailto:life-ctl@iamas.ac.jp?body=help>
Mime-Version: 1.0
Precedence: bulk
Lines: 62

三輪でーす、

現在学内有志によってIAMASの校歌作曲&録音のプロジェクトがiamasTV
プロジェクトとの連携により勝手に進められています。
その第一弾として箕輪こあら氏作詞・作曲、ぺがさす義朗編曲によって
美しくも愛しい校歌が見事完成しました。つきましては学内からひとり
でも多くの参加を募り、大合唱にて(!)この校歌のレコーディングを
行いたいと思います。レコーディングは、

来週火曜日(27日)放課後7時より、
新校舎4Fサウンドスタジオ

で行います。録音は1時間以内で終わる予定です。
学生、学校スタッフを問わず、声の出る方は是非参加してください!!
歌は誰でも歌えます。IAMASにおけるこの歴史的録音にあなたの声を!

なお、歌の楽譜は新校舎4F、サウンド実習室に置いておきます。
また、楽譜なんぞいらないという方は以下のURLからストリーミングで
聞けますので(QuickTime4.0が必要)できれば旋律を覚えておいて
ください。

http://www.iamas.ac.jp/~mmiwa/IAMASsong.mp3

注意:
 これは歌を覚えてもらうための仮録音です。
 国際情報科学芸術アカデミーの校歌として現在公認されていません。
 1.3MbのMP3ファイルです。

---------------------------------------------------------------
IAMAS校歌 歌詞:

遥かに臨む伊吹山、
集えメディアの表現者
国は日の本、誇り高き
若い力が明日を開く
嗚呼、IAMAS!
岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー

揖斐のほとりに超然と、
生まれし情報(いんふぉ)の発信地
目指せ信長、時代の勇者
マルチの匠が明日を開く
嗚呼、IAMAS!
岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー

水の都に花開く、
サイバア社会のコンテンツ
我らの学びや、眠ることなく
クリエイタ達が明日を開く
嗚呼、IAMAS!
岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー
---------------------------------------------------------------

覚えてくださいね〜!

校歌作曲の主旨(作曲者のコメント):<最終版>

今後、IAMASがふたつの学校から構成されるようになるという
現実の中で、学生諸君が今まで以上にIAMASはひとつである
という一体感と誇りを持ち、また知事や県民の大きな期待と
本学設立の理念を肝に銘じて勉学に勤しんでいただくために
このIAMAS校歌がささやかながらその一助となれば幸いです。
また常々IAMASに運動部が出来、選抜大会に出場優勝する
ことにでもなった場合に校歌がなくては選手達があまりに
不憫ではなかろうかと案じていたのは小生だけでせうか?
まがりなりにも本学の音楽分野の教育を県より仰せつかった
身として県立の学校で、郷土を愛し学校の理念を高らかに
謳った校歌を欠いたまま既に5年の歳月が流れてしまった
事実は本学における己の役割、さらに県民としてのみならず
日本国民として自らの天職に対し怠慢ではなかったのかと
今更ながら深く反省し、この場を借りてお詫びする次第で
あります。

大学院大学設立というIAMASにおける新体制の発足を期に
しかるべき手続きを経て、学生諸君はもとより本学関係
諸氏に本学設立の理念、IAMASが21世紀メディア社会の
覇者を育てあげていく場であるぞ、という自治体の高い志を
いつまでも記憶に留めていただくためにも、拙作を公式に
校歌として認知していただくようお願い申し上げたい。
なお、本校歌作曲作詞にあたって小生は以下の条件を敢えて
自らに課し、世代を越えて愛される校歌を作曲することに
全力を尽くしたことをここに記し作者のコメントとさせて
頂きます。

一、誰もが校歌として認知できる様式であること。
一、学校の掲げる理念及び学校立地の環境、風土を歌詞に盛り込むこと。
一、音楽は、個人的主張や実験的表現を避け、誰もが容易に覚えられ、
  また歌うことができるものであること。
一、ただし、時代に則した音楽的表現、校歌を特徴付ける新規性も
  適度に取り入れること。

 箕輪こあら

Date: Wed, 28 Jun 2000 14:42:18 +0900
From: Masahiro Miwa <mmiwa@iamas.ac.jp>
Reply-To: announce@iamas.ac.jp
Subject: (IAMAS ANNOUNCE 1884) IAMAS SONG
To: announce@iamas.ac.jp
X-ML-Name: announce
X-Mail-Count: 1884
X-MLServer: fml [fml 2.2]; post only (only members can post)
X-ML-Info: If you have a question, send a mail with the body
"# help" (without quotes) to the address announce-ctl@iamas.ac.jp;
help=<mailto:announce-ctl@iamas.ac.jp?body=help>
Mime-Version: 1.0
Precedence: bulk
Lines: 45

三輪です。

先日IAMAS LLIFEで呼びかけた・・

At 1:03 PM +0900 00.6.22, Masahiro Miwa wrote:
>現在学内有志によってIAMASの校歌作曲&録音のプロジェクトがiamasTV
>プロジェクトとの連携により勝手に進められています。
>その第一弾として箕輪こあら氏作詞・作曲、ぺがさす義朗編曲によって
>美しくも愛しい校歌が見事完成しました。つきましては学内からひとり
>でも多くの参加を募り、大合唱にて(!)この校歌のレコーディングを
>行いたいと思います。

・・ということで在校生のみならず卒業生も駆けつけ、客員芸術家の
ウスマンさんも参加してのレコーディングは、予想を上回る大合唱と
なり成功裏に終わりました〜!
この歴史的録音に参加してくれた方々ありがとうございました。
その成果を

http://www.iamas.ac.jp/~mmiwa/IamasSong2.mp3


で聴いてください。MP3ファイルです。
(QuickTime4があればウェブ・ブラウザで直接聴けます)
入魂のチアガールといい、キツくもほのぼのとしてヨイ感じに
仕上がったと思います。

IAMAS SONG by IAMAS-Studentenchor

song & Lyric: Koara Minowa
arrangement: Yoshio Pegasus
recording: Masayuki Akamatsu
mixing: Yasuski Yoishida
pruduced by Masahiro Miwa

>注意:
> 国際情報科学芸術アカデミーの校歌として現在公認されていません。

不謹慎な事に、リミックスな海賊版が出回っているようです。
QuickTime4なひとはループ再生でお楽しみ下さい。

(お気を悪くされた関係者の方々、すいません)

iamasloop.mp3 (mp3-file 252K) by Kenji L.W.S. Matsuo @ PD

拙作のリミクスなる編曲版が早くも巷を跋扈すると
聞き及ぶにあたり、精魂込めて書き下ろした珠玉の
旋律を安易に流用するとは何たるかと憤慨もするが
昨今若者達の間で大人気ときく早口言葉をその特徴と
するラッブ音楽を斬新にも校歌に取り入れた小生の
先進性が時代に敏感な若人達から早くも注目される
に至った顛末はある意味当然至極、ふぉふぉふぉ。

この脚線美がそそるでしょ。
さあ、ごいっしょに。

注:GIFアニメだもんでブラウザでご覧くれってや。

cheerIAMAS.gif (GIF-animation 17K) by Ken Morita @ PD

ふくらはぎのあたりの線がバアチャルで
何ともなまめかしいのう。ふぉふぉふぉ・・

箕輪こあら

こっそりとリミックスしたぜ.

怒らないでね>関係者各位様

iamasDIV2.mp3 (mp3-file 2.1M) by Akie Yoshizawa @ PD

Date: Tue, 25 Jul 2000 17:18:01 +0900
From: ph <phhat99@iamas.ac.jp>
Reply-To: virginielavey@hotmail.com
Subject: (IAMAS ANNOUNCE 1941) for the Iamas song!
To: announce@iamas.ac.jp
X-ML-Name: announce
X-Mail-Count: 1941
X-MLServer: fml [fml 2.2]; post only (only members can post)
X-ML-Info: If you have a question, send a mail with the body
"# help" (without quotes) to the address announce-ctl@iamas.ac.jp;
help=<mailto:announce-ctl@iamas.ac.jp?body=help>
X-Accept-Language: en
Mime-Version: 1.0
Precedence: bulk
Lines: 95209
Status: U

こんにちわ、

プィリップですー

Iamas song need some images, ins't it?
Colourful images that make it more lively more actual,
I think I found something perfect-

Please try this mpeg movie-

Content-Type: video/x-mpeg; x-mac-type="4D504547"; x-mac-creator="6D4D5047";
name="badday.mpeg"
Content-Description: Document
Content-Disposition: inline;
filename="badday.mpeg"

badday.mpeg (mpeg-file 4.9M) by Philippe Chatelain @ IAMAS Announce

フィリップ殿、

天晴れ!
異国の地に於いてその言語のみならず連綿と培われた文化的背景を
ふまえ、秘匿されている真意をこれほどまでに解読し得た貴方に
大いなる敬意を表す次第であります。

箕輪こあら

Date: Mon, 17 Jul 2000 09:10:40 +0900
From: Masahiro Miwa <mmiwa@iamas.ac.jp>
Reply-To: announce@iamas.ac.jp
Subject: (IAMAS ANNOUNCE 1916) Re: IAMAS SONG
To: announce@iamas.ac.jp
X-ML-Name: announce
X-Mail-Count: 1916
X-MLServer: fml [fml 2.2]; post only (only members can post)
X-ML-Info: If you have a question, send a mail with the body
"# help" (without quotes) to the address announce-ctl@iamas.ac.jp;
help=<mailto:announce-ctl@iamas.ac.jp?body=help>
Mime-Version: 1.0
Precedence: bulk
Lines: 38

三輪です。

今回みんなの協力により完成、録音した校歌(として作られた歌)を、美術家の
中ザワヒデキさん(IAMASにクリエイティブワークの講師として来ていただいた
こともあります)をはじめとする同人による「方法」という電子メールベースの
機関誌に発表しました。
この話題だけでなく、現代の芸術を考えるための刺激的なメール・マガジン
です。是非ご覧ください。機関誌「方法」について(定期購読なども)は、

http://www.aloalo.co.jp/nakazawa/houhou/

をご覧ください。

At 2:42 PM +0900 00.6.28, Masahiro Miwa wrote:
(前略)
>IAMAS SONG by IAMAS-Studentenchor
>
>song & Lyric: Koara Minowa
>arrangement: Yoshio Pegasus
>recording: Masayuki Akamatsu
>mixing: Yasuski Yoishida
>pruduced by Masahiro Miwa

>>注意:
>> 国際情報科学芸術アカデミーの校歌として現在公認されていません。

この歌を校歌として認める要請は教授会で正式に却下されました。
勝手に歌うのは自由です(!?)。

みわまさひろ