課題の目標(考えるべきふたつのポイント)

ポイント1:パフォーマンス作品としての完成度

・規則をどのような形に構成するか?(=「演算システム」の考案)

・演算システムをどのように身体運動へ変換するか?(パフォーマンスの制作)

・パフォーマンスとして洗練されているか・・・

  演算がうまく行えるか?理に適った動きか?道具(楽器)などを使うのか?など。

・行為することに喜びがあるか?

・共同で行われるその姿は美しいか?


ポイント2:架空の物語としての完成度

・制作されたパフォーマンスの様々な特徴を良く反映しているか?

・大垣という土地の歴史や風土の特徴をうまく取り入れているか?

・物語それ自体として格調があるか?

・物語をどのようにうまく伝えているか・・・

 調査した資料の使い方、筋道だった解説、物語世界を伝える方法の工夫、など。