A definition of Reverse-Simulation Music founded on the three aspects of music
translated by Jean-Marc Pelletier


About the name and concept

Reverse-simulation music is a general term for specific phenomena,
that can include acoustic events, born of intentional human actions. An
important characteristic of reverse-simulation music is that human
actions are carried out according to sequences resulting from iterative
calculations.
Reverse-simulation music was imagined as music of the kind that
perhaps had been once performed by the ancients or by primitive tribes
... or music that could have been performed by them (which we refer to
as "music that could have been"). At the same time, however, it is an
experiment in new music depending mainly on computer simulation-based
trials. Reverse-simulation music does not necessarily depend on
existing social structures related to music such as the distinction
between concerts, composers, performers and audience.
Furthermore, traditional music often conceals the origins and
underlying regulations of the sounds performed with notions of the
intuitive and spiritual. Reverse-simulation music, on the other hand,
rather seeks to expose them through the use of the aspect of "rule-based
generation" (logical computations); and, adding to it two other aspects
of "interpretation" and "naming," it defines itself through the concept
of those three "aspects."
The three aspects of music referred to in this definition can also
be applied to musical styles other than reverse-simulation, as they are
presented as a new conceptual point of view on the music of mankind.
However, requirements presented here like the use of iterative processes
are specific only to reverse-simulation music.
This experiment seeks to reverse the usual conception of computer
simulations. Rather than modelling within a computer space the various
phenomena of the world based on the laws of physics, phenomena that have
been verified within a computer space are modelled in the real world,
hence the name, reverse-simulation. This designation also alludes to
the modelling of "music that could have been," in other words the
recreation in the real world of events that likely did not actually take
place.

About the three aspects of music

Each work of reverse-simulation music is regulated by the three aspects of メrule-based generationモ, メinterpretationモ and メnamingモ. Here, people who set the rules of the rule-based generation are referred to as designers; those who make decisions based on an interpretation are composers; and those who determine the names and origins used in the piece are namers. The act of actualising as action a work of reverse-simulation music in a manner defined by the interpretation is called the performance, and the people carrying out this performance are interpreters. The designer, composer and namer can be the same person.

Rule-based generation refers to an iterative system where computations are carried out based on the result of the preceding computation. Those calculations define the procedure (algorithm) carried out by the interpreter at the time of performance. This computation should preferably form a closed loop.

Interpretation is the act of determining how the computation results (sequence) borne of the rule-based generation is to be read by the interpreter and how the movement to the next computational step is to be carried out in a realistic fashion. In other words, it is the act of deciding the behaviour of the interpreter in response to each computation result, sorting out the details of the performance and designing the necessary tools for its execution. Furthermore, it includes the preparation of appropriate responses in case of mistakes by the interpreters at the time of performance.

Naming is the act of deciding the title of the work, the labelling of the rules, as well as the actions carried out by the interpreters and the identification of the objects used and furthermore includes the explanation of their メoriginモ. By doing this, naming seeks to register the reverse-simulation music piece in human society in the form of a unique story.

Requirements for reverse-simulation music in each of the three aspects

Rule-based generation:
Rules must be designed so that they can be computed and devised by anyone who doesnユt necessarily have advanced scientific knowledge (such as children or ancients), as long as are humans belonging to any sort of civilisation.
Rules must be such that they can be described using a logical language and must exclude any random or arbitrary decision.
In other words, if the computation results are the same at the start of the concert, the rest of the work must also be the same.
The computations performed by the interpreter must be independent and be such that they can be remembered.
Works of reverse-simulation music can sometimes have specific states defined at the start of the performance (in other words an initial state).

Interpretation:
Interpretations should be such that anyone willing to devote their lives to practice should be able to execute them.
Interpretations should be devised in such a way that an observer should be able to clearly identify the different computation results.
Interpretations should be such that the characteristics and variety of all of the rule-based phenomena can be clearly perceived.
Interpretations should be devised so that interpreters can promptly and reliably carry out the calculations.
Interpretations can be influenced by the imagery of the names and origins.

Naming:
The various names and origins defined by the namer can be imaginary neologisms.
Names and origins must reflect the characteristics of the rules and interpretations.
Names and origins can act to help the spectator and interpreter to understand and remember the work.
Names and origins can act to help setting up devices for the interpretation aspect.

Desirable Reverse-Simulation Music

Rules and interpretations that, through practice, can be carried out in a reflex-like manner are desirable.
Rules and interpretations where it is difficult for the interpreter to make mistakes are desirable.
Rules that are simple and lead to varied results are desirable.
Therefore, rules that cause the repetition of short punctual sequences are not desirable.
However, non-repetitive though characteristic rule-based phenomena are desirable.
Names and origins that are evocative and likely to be believed as true are desirable.
It is desirable to refer to or allude in the names and origins to the context and the people involved in the creation of the work of reverse-simulation music.

Reverse-Simulation Ensembles

A reverse-simulation ensemble is a performance group composed of several interpreters for the purpose of realising a piece of reverse-simulation music. Because normally a high level of training is required for an interpreter to single-handedly carry out rule-based calculations and the actions dictated by them, an ensemble where those tasks are split up and carried out in common between many interpreters is the most natural and desirable form for the realisation of reverse-simulation music.



Notated Reverse-Simulation Music

Ideally, reverse-simulation music is to be performed by carrying out rule-based calculations. However, in the advent that this should not be possible, performance can take place according to the notation of these calculationsユ results, as compiled in advance. This is not a desirable approach but in the extent that interpretation and naming are carried out according to rules, it can be considered as a possible field of reverse-simulation music.


音楽における3つの「相」に基づく「逆シミュレーション音楽」の定義

● 概念と名称について
逆シミュレーション音楽とは人間の行為によって生み出されるある特定の現象の総称で、それは音響現象を含むことがある。その際、人間の行為が「繰り返し計算」によって得られる数列に基づいて行われることを大きな特徴としている。

逆シミュレーション音楽は地球上の古代人や未開民族が行っていたかもしれない、あるいは行うことが可能であったような音楽(これを「ありえたかもしれない音楽」と呼ぶ)を空想し、主にコンピュータ・シミュレーションによって検証しながら新しい音楽を生み出す試みである。その際、演奏会や作曲家、演奏家、聴衆の区別など、音楽に関係する既存の社会的制度は前提としない。

また、従来の音楽では演奏される音の根拠や規則を精神性や感覚などの概念によってしばしば隠蔽するが、逆シミュレーション音楽はむしろそれを「規則による生成」(論理計算)によって露呈させつつ、それに「解釈」と「命名」を加えた3つの「相」の概念によって自らを定義する。

定義に使われている、音楽におけるこの3つの「相」の概念は逆シミュレーション音楽以外の音楽一般についても適用可能で、それは人類の音楽概念に対する新たな視点でもある。ただし、ここでは「繰り返し計算」の適用など、逆シミュレーション音楽に固有な条件のみが述べられる。

この試みは、地上で起きる様々な現象を物理法則等を基にコンピュータ空間内で模倣するコンピュータ・シミュレーションという考えを反転させ、コンピュータ空間の中で検証された、ある法則に基づく現象を、現実空間において模倣するものであることから「”逆”シミュレーション音楽」と名付けられた。さらに「ありえたかもしれない音楽」を模倣すること、つまり実際には存在しなかったであろうものを現実世界の中で模倣するという意味も、そこに込められている。


●音楽における3つの「相」について
逆シミュレーション音楽における個々の作品は「規則による生成」、「解釈」、「命名」と名付けられた3つの「相」によって規定される。その際、「規則による生成」における規則を考えた人を「考案者」と呼び、 「解釈」における決めごとを考えた人を「作曲者」と呼び、 「命名」 における名前や由来を考えた人を「命名者」と呼び、「解釈」によって逆シミュレーション音楽を行為を通して実現することを「演奏」と呼び、この「演奏」を行う人を「解釈者」と呼ぶ。その際「考案者」、「作曲者」、「命名者」は同一人物であってもよい。

- 「規則による生成」とは、解釈者が演奏中に行う計算の手順(=アルゴリズム)をもとに、演奏中のある計算が、それよりもひとつ前に行われた計算結果に基づいて行われ、これを連鎖的に繰り返していくような、繰り返し計算システム全体のことである。また、このシステムにおける計算の連鎖は原則として閉じた環を形成しているものとする。

- 「解釈」とは 「規則による生成」によって生み出される計算結果(数列)を解釈者がどのように読みとり、また次の計算ステップにどのように受け渡すかを現実的に定めることである。つまり個々の計算結果に対応した解釈者のふるまい方や演奏の準備、そのために使用される道具等に関する工夫のことである。さらに解釈者が演奏時に犯すかもしれない誤りに対する対処法もこれらの工夫に含む。

- 「命名」とは作品タイトルや規則の名前、解釈で行われる行為、使われる物などに名前を与えることであり、またそれらの「由来」を解説することを含む。 命名は逆シミュレーション音楽作品を固有の物語に位置づけ人間社会に登録することである。

● 3つの「相」における「逆シミュレーション音楽」の条件
規則による生成:
規則は高度な科学的知識を持たない人々(例えば子供や古代人)でも、文明を持つ地球上の人類ならば、 計算可能かつ考案可能だと思われるものでなくてはならない。
規則は論理的な言語によって記述可能なものに限り、そこに偶然性や恣意的な選択を含んでいてはならない。
つまり、 計算の結果は演奏開始の状態が同じならその後も常に同じになるようなものでなくてはならない。
解釈者が行うべき計算は記憶可能でまた単独できるものでなくてはならない。
逆シミュレーション音楽作品は演奏開始時に特定の状態(=初期値)を持つことがある。

解釈:
解釈は、一生を費やして訓練し続ければ地上の人間ならば誰でも実行できるようになれるものでなくてはならない。
解釈は規則による計算結果を他者がきるだけ明瞭に識別できるよう工夫されていなくてはならない。
解釈は規則によって生み出される現象全体の特性や多様性をできるだけ明瞭に知覚できるよう工夫されていなくてはならない。
解釈は計算を解釈者ができるだけ迅速、確実に行えるよう工夫されていなくてはならい。
解釈は命名によって定められた名前や由来によるイメージに影響を受けることがある。

命名:
命名された様々な名前やその由来は命名者によって新しく創られた架空のものでもよい。
名前や由来は 規則や解釈によって定められた決めごとの特徴を反映していなくてはならない。
名前や由来 は解釈者や鑑賞者が作品を解釈し記憶する手助けになることがある。
名前や由来 は 解釈における様々な工夫の手助けとなることがある。

●好ましい「逆シミュレーション音楽」
訓練によって反射的に行えるようになる規則や解釈は好ましい。
解釈者が誤りを犯しにくい規則や解釈は好ましい。
単純で多様な結果を生み出す規則は好ましい。
繰り返し計算によって生み出される数列が反復しないような規則は好ましい。
よって、規則によって引き起こされる短く正確な数列の反復は好ましくない。
ただし反復ではない、 規則によって引き起こされる特徴的な現象は好ましい。
名前や由来 はイメージしやすく、事実と信じられるものが好ましい。
名前や由来において考案者、作曲者、命名者の名前などが敬意を持って残されることは好ましい。

●「逆シミュレーション・アンサンブル」
逆シミュレーション・アンサンブルとは、逆シミュレーション音楽を実現するための複数の解釈者からなる演奏集団のことである。ひとりの解釈者が単独で規則による計算を続けながら行為することは通常高度な訓練を必要とすることが多いため、計算と行為を複数の解釈者に分散し共同で行うこの逆シミュレーション・アンサンブルは逆シミュレーション音楽のもっとも自然で望ましい実現形態である。

●記譜された「逆シミュレーション音楽」
本来の逆シミュレーション音楽は 規則による計算をしながら演奏を続けるものであるが、それが現実的に不可能な場合、あらかじめ計算の結果を記譜し、それに従って演奏を行うことがある。これは本来好ましくない逆シミュレーション音楽ではあるが、 規則に従い解釈と命名が行われている限り逆シミュレーション音楽のひとつの領域である。