Space in CyberSpace

Profile

更新:2009年3月1日

ここには簡単なプロフィールと、最近撮った写真などを掲載します。

吉岡 洋(よしおか ひろし)

最近撮った写真

金沢八景の花火, 2009

2009年8月22日 金沢八景

石内都さんに「ピーマンご飯の会」に招待されました。「ピーマンご飯」というのは石内さんから昔リビアの留学生から習った料理です。ピーマンの中に米や挽肉、野菜を詰めて蒸し焼きにしたもので、ハリッサという香辛料を使うのでかなり辛いですが、美味しかった。その他に、春雨サラダやナスのしぎ焼き、オクラと砂肝のカレー、鰯のカルパッチョなど、石内さんの料理の腕はたいしたものでした。

ひとしきり飲み食いした後、家から十分ほどの海岸まで歩き、金沢八景の花火大会を見物しました。花火の前景はモノレールが行き交って、面白い風景でした。

Akbild lecture, 2009

2009年5月27日 ウィーン造形芸術大学

友人のマリーナ・グルジニッチ(ぼくの右隣)が教えるウィーン造形芸術大学(Akademie der bildenden Künste/Academy of Fine Arts)で、現代美術・メディアアートについての、3日間のセミナー形式のワークショップを行いました。 見てのとおり、教室は開放的で非常にリラックスした雰囲気ですが、学生たちは非常に熱心で議論も活発でした。

今回は、大学から提供されたすばらいアパートに2週間あまり滞在することができたので、ワークショップやレクチュアだけでなく、ウィーン生活も少し楽しめました。大学でのセミナーの後、フェスティバル「Coded Cultures」に参加し、29日にマリーナと2人で基調講演を行いました。

アムステルダムの夜

2009年4月4日 アムステルダム

 ひさしぶりにアムステルダムに行きました。泊まっていたのは Keizergracht で、舞台関係の仕事をしている女性が下の階を知り合いを通じて貸しているいわば民宿で、駅から荷物を引っ張っても十分くらいで歩いて行ける便利なところです。

 4日、アムステルダム大学のホールで公開セミナーをした後、出演した人たちと晩ご飯を食べ、夜の12時すぎに宿に帰るときに通りかかった、Dam 広場です。観覧車や絶叫マシンのある架設の遊園地が出来ていて、深夜というのに狂ったような電飾と騒音でした。

UCLAでの講義

2009年1月26日 UCLA

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のデザイン・メディアアート学部(Department of Design and Media Art)で、日本での出版活動や美術展活動を中心としたレクチュアをしました。

 レクチュア後、大学院生たちの研究室で。右から3番目が友人のメディア学者 Erkki Huhtamo 教授、ぼくの右隣が Peter Lunenfeld 教授。大学院生たちは IAMAS のように、メディアアートの制作を通じた研究を行っています。

コンタクト(郵送先とEmail)

  • 〒606-8501
    京都市左京区吉田本町
    京都大学 大学院 文学研究科
    吉岡 洋
  • 右のアドレスは画像です。お手数ですがタイプしてください。

(C)Hiroshi Yoshioka