IAMAS

活動告知

パフォーマンス・上演 卒業生 教員

TRANCE MUSIC FESTIVAL 2020 -the body-

2020年2月29日(土)、豊中市立文化芸術センターにて、「TRANCE MUSIC FESTIVAL2020 -the body-」が開催されます。
本イベントの公演『人体のTRANCE「人体音楽祭~身体なき声なき身体~」』のプログラムディレクターを、本学教員の三輪眞弘教授が担当しています。この公演に、三輪眞弘教授と名古屋学芸大学の佐近田展康教授によるユニット「フォルマント兄弟」と、卒業生の池田萠さんと今村俊博さんによる パフォーマンス・ユニット「いまいけぷろじぇくと」が出演します。

また、同じく本イベントの公演『声のTRANCE「◎」』のプログラムディレクターを、卒業生の宮内康乃さんが担当しています。この公演には、宮内康乃さん主宰の音楽パフォーマンスグループ「つむぎね」が出演します。

豊中市立文化芸術センターが、今を生きるアーティストとともに、今のアートを公演する挑戦的シリーズ「TOYONAKA ARTS TRIBE」
音楽の本質を探る「トランス」を大きなテーマとし、さらに「音」が発せられる” body= 肉体、身体、本体、共鳴部”に焦点をあてたのが「TRANCE MUSIC FESTIVAL2020 -the body-」です。
今回はこのテーマで臨む3つのコンサートを1 日で実施。人間の声をつかったパフォーマンスで、日本各地で公演をおこなっている宮内康乃の率いる「つむぎね」。身体にスポットを当て、毎年挑戦的なプログラムで精力的に活動する「いまいけぷろじぇくと」に1 年目に引き続き三輪眞弘が自身のユニット フォルマント兄弟として参加。さらにピアニスト中川賢一と関西を拠点に活動をするマリンバ奏者宮本妥子を迎え、「身体」「声」「楽器」の3つの側面から音楽の本質を探っていきます。
概要より

日程

2020年2月29日

会場

豊中市立文化芸術センター (〒561-0802 大阪府豊中市曽根東町3-7-2)
http://www.toyonaka-hall.jp/

公演

人体のTRANCE「人体音楽祭~身体なき声なき身体~」
開 演  13:00
会 場  豊中市立文化芸術センター 多目的室
料 金  一般 /1,800円(club CaT 1,500円)
Program Director 三輪眞弘
出 演  いまいけぷろじぇくと(今村俊博、池田萠)、フォルマント兄弟(三輪眞弘、佐近田展康)

ピアノとパーカッションのTRANCE「in search of the Lost ( )」
開 演  15:30
会 場  豊中市立文化芸術センター 小ホール
料 金  一般 /1,800円(club CaT 1,500円)
Program Director 中川賢一
ピアノ  中川賢一
ダンス  宮本妥子
曲目   J.ササス:マトルズダンス L.フェラーリ:失われたリズムを求めて 他

声のTRANCE「◎」
開 演  18:30
会 場  豊中市立文化芸術センター 展示室
料 金  一般 /1,800円(club CaT 1,500円)
Program Director 宮内康乃
出 演  つむぎね(宮内康乃、浦畠晶子、筒井キリイ、ツダユキコ、八幡麻美、横手ありさ)

関連人物

IAMASからのお知らせ