IAMAS

芸術特論A(情報×芸術)

 音楽・映像・メディアアートなどの表現を、実作者からの視点を交えながら理解を深めていく授業です。全15回のうち12回を3つのパートに分け、それぞれを専門とする教員が担当します。「音楽・作曲」では、20世紀に生れたコンピュータ音楽、その中でもアルゴリズミック・コンポジションと呼ばれる作曲法を中心に、メディア社会における音楽の意義について考察します。「映像表現」では、映画・映像史を俯瞰し、実験映画、ドキュメンタリー、現代美術やメディアアートにおける映像表現を分析します。「メディアアート」では、その歴史や近年の動向、特にバイオアートの分野を深めます。残りの3回の授業は、異なる分野の教員が合同で授業を行い、ディスカッションを行います。

講義形態

講義、ディスカッション
講義に関連した課題が出ます。

講義計画・項目

第1回 メディアアートの現在(1)
第2回 最初期の映画・映像と音響
第3回 実験映画・アニメーション・ビデオアート
第4回 画面の拡張とライブ表現
第5回 写真表現/現代映像
第6回 テクノロジーと声 I:音波とアルゴリズム、コンピュータ音楽のふたつの領域
第7回 テクノロジーと声 II:フォルマント兄弟の活動:メディア論
第8回 またりさまをやってみる!
第9回 逆シミュレーション音楽とは何か
第10回 メディアアートの歴史
第11回 近年のメディアアート
第12回 バイオアート I
第13回 バイオアート II
第14回 メディアアートの現在(2)
第15回 メディアアートの現在(3)

教科書・参考書等

必要に応じて随時配布、指定します。

IAMASからのお知らせ