IAMAS

特別非常勤講師

門林 岳史

現職

関西大学文学部総合人文学科映像文化専修教授

学歴

東京大学大学院 総合文化研究科博士課程修了

論文

2015年
ゴーストの縛りをほどく 攻殻機動隊、ポストヒューマニズム、パレルゴン
塚田幸光編著『映画とテクノロジー』ミネルヴァ書房
2019年
メディウムを混ぜかえす——映画理論から見たロザリンド・クラウスの「ポストメディウム」概念
坂本泰宏、田中純、竹峰義和編『イメージ学の現在 ヴァールブルクから神経系イメージ学へ』東京大学出版会

書籍等出版物

2009年
『ホワッチャドゥーイン、マーシャル・マクルーハン? 感性論的メディア論』
著書
NTT出版
2015年
マクルーハン、フィオーレ『メディアはマッサージである 影響の目録』
訳書
河出文庫
2019年
『22世紀の荒川修作+マドリン・ギンズ 天命反転する経験と身体』
共編著
フィルムアート社

IAMASからのお知らせ