UP Plus 2の操作方法(UP Studio 手動高さ合わせ)

準備するもの

  • STL形式のファイル
  • フィラメント(直径1.75mm)/ プロジェクトもしくは個人で素材は準備してください
  • 素材を選ぶ

  • UPは2台あり、素材毎に機械を分けているので、利用するフィラメントの素材(PLAもしくはABS)を用途によって決めてください。
  • プリンターを起動する

  • 本体後ろ側の電源ボタンを押して起動
  • 02
     

  • ABSのフィラメントを利用するときはペイントブースを「入(ON)」にする
  • 02-1

    プリンターを初期化する

  • 手前の初期化スイッチを「長押し」して初期化します
  • 「ピッピッピッピッピー」という音がなったら初期化を行った合図です
  • 03

    USBケーブルでPCとプリンターをつなぎ、ソフトウェアを起動する

    ノズルの高さを設定する

  • ノズルの先端にフィラメントの残りがないことを確認する
  • 名刺程度の厚紙を用意する
  •  

  • 準備ができたらソフトウェアの以下のメニューを押す
    1. ・ 「定規のアイコン」をクリック
      ・ 次に5番を押すと、テーブルとノズルが中心に移動します

     

  • 厚紙をノズルとプレートの間に置き、テーブルを上げていきます。接近したら少しずつ上げてください。
  • ノズルに厚紙がかるく当たる程度が良い高さです
  •  

  • 高さを決めたら、ソフトウェア上で設定をします。
  •  

  • 出力物がプラットフォームに吸着しないときがあります。はじめての出力のときは、必ず出力の様子を確認するようにしてください
  • 3Dデータを開く

  • ソフトウェアの「プラスアイコン」をクリックし、出力したい3Dデータ(STL形式)を選択します
  • その他、ソフトウェア上では移動・回転・拡大縮小を行うことができます

  • 印刷する

  • ノズルアイコンを押すと、出力設定画面となるのでピッチ等を設定してください。
  • 出力物を取り除く

  • 出力物を冷ました後、プラットフォームにあるプレートを外します
  • スクレーパーを利用して出力物を取り除いてください
  • スクレーパー使用時は、専用の手袋を使うと安全です
  • 片付ける

  • プリンターの電源をオフにする
  • ラフトなど出力の際に出たゴミはゴミ箱に捨てる
  • ノートPCは電源をオフにする
  • ABSのフィラメントを利用したときはペイントブースを「切(OFF)」にする